• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『中1英語 新装版』英語の苦手克服(中学生)する参考書

学研『中1英語 新装版』の本当の実力

『中1英語 新装版』の基本情報

出版社学研プラス
価 格 1,540円 (税込)
難易度中学生1年生
ページ数272ページ

『中1英語 新装版』について

教科書ベースの内容で細かく解説しているため独学でも勉強できる参考書である。定期テスト対策や高校受験に向けて基礎力を身につけたい中学生が使用する参考書である。

『中1英語 新装版』は定期試験対策に活用できる問題集

高校受験では内申点が大きく合否を左右することになります。そのため、定期試験では、しっかりと点数を採りたいのですが、中々授業だけで理解することは難しい。その様な場合は本書を活用すれば解決できます。

文字が大きいこともあり、勉強が苦手な受験生であっても取り組みやすい内容になっているが、それ以上に1つ1つ段階的に学習できるつくりになっている。正直、少しくどいかな?と思えるぐらい繰り返し同じパターンで出題されるため、しっかりと基礎力を身につけることができる。

もちろん、学力が高い中学生は、自分のわからないポイントだけを学習すれば良い。

 

必要最低限の覚えるべき内容(文法)を網羅している

英語が苦手な受験生の多くは、覚えるべき内容を覚えていない点である。そして、中学生で学習する内容は段階的に積みあがっていく内容なので中学1年生程度の内容なら、しっかりと覚える様にしよう。

本書で使用されている英単語は比較的優しいものばかりなので、あくまで文法を理解するための参考書と考えて欲しい。単語や長文対策は別の問題集を使用して取り組んで欲しいが、まずは本書を1冊終わらせよう。

 

 

定期試験の範囲だけでなく、繰り返し確認する

定期試験対策であれば、授業に対応する項目を本書で学習すれば十分対応できるが、高校受験を考えると繰り返し学習する方が良いだろう。1回覚えたつもりであっても、復習をしなければ忘れていく。しかし、繰り返し学習することで記憶が定着することができる。超進学校を目指している中学生以外は、本書を繰り返し取り組んでいれば十分学力が身につく。

 

大学受験を見据えた勉強を始める

大学受験を指導する際に、一番困るのは中学生範囲ができていない点である。そのため、大学受験を指導している大半が1年前後で「中学3年間+高校3年間」の学習をしなくてはいけない。それでも、偏差値40前後から60~70程度まで引き上げるが、負担も大きいのも確かである。ただ、逆に言えば中学時代にしっかりと勉強していてくれれば大学受験の際に大きな負担なく難関大学に合格できる可能性が高い

例えば、高校での偏差値40前後の学力が想像できない中学生も多いだろうが、難関大学に合格した生徒(入学後の英語のクラスで成績の結果で最上位クラスになった)は、高校生でもアルファベットの“ l ”と“ r ”の違いが判らないと言っていた…。その様な高校生を相手に学力を伸ばしてきたからこそ言えるのが、中学生範囲をしっかり取り組めば大学受験が楽になると言うことです。

 

 

問題演習と並行して取り組むことで効果を発揮

本書は参考書であって、文法上の知識を増やすことには役立つ教材であるため、問題演習量が少ない。そのため、同レベルの問題集と並行して取り組むことで知識を増やすだけでなく、基礎学力の定着を進めることができる。

 

『中1英語 新装版』のまとめ

  • 定期試験対策には有効な教材
  • 英語が苦手な中学生が1年生の範囲から覚えなおすことができる
  • 問題集と並行して取り組むことで知識の定着が進む


英語苦手を克服する参考書『中2英語 新装版』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。