• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

関西大学の合格最低点推移

合格最低点から志願者の動向を考える

過去3年間の関西大学の合格最低点(文系)

学部日付2020年2019年2018年
法学部2/4
2/6
2/7(全学部)
2/8(全学部)
290
278
289
289
289
284
298
290
280
281
289
288
文学部2/1総合人文
2/1初等教育
2/4総合人文
2/4初等教育
2/7総合人文(全学部)
2/7初等教育(全学部)
2/8総合人文(全学部)
2/8初等教育(全学部)
286
273
297
282
290
273
295
281
294
284
286
271
295
280
295
288
287
278
284
271
295
277
296
281
経済学部2/1
2/3
2/7(全学部)
2/8(全学部)同一配点
277
282
289
304
280
277
291
287
279
280
295
304
商学部2/3
2/4
2/7(全学部)
2/8(全学部)
286
286
286
286
285
285
285
285
283
283
283
283
社会学部2/1
2/6
2/7(全学部)
2/8(全学部)
317
329
345
342
341
325
346
337
305
333
327
327
政策創造学部2/1政策
2/1国際アジア法政策
2/3政策
2/3国際アジア法政策
2/7政策(全学部)
2/7国際アジア法政策(全学部)
2/8政策(全学部)
2/8国際アジア法政策(全学部)
282
279
281
278
288
284
286
284
292
290
287
285
297
296
292
289
287
284
287
284
295
293
296
293
外国語学部2/3
2/6
2/7(全学部)2科目型(300点)
2/8(全学部)2科目型(300点)
304
302
264
258
315
310
261
247
315
321
253
246
人間健康学部2/3
2/6
2/7(全学部)
2/8(全学部)英国方式(350点)
277
275
283
226
263
263
273
208
268
272
272
216
総合情報学部2/1(2科目)(400点)
2/4
2/7(全学部)
2/8(全学部)
254
283
278
285
256
270
281
277
254
260
264
260
社会安全学部2/4
2/6
2/7(全学部)英国方式(350点)
2/8(全学部)
276
258
253
274
280
279
245
279
272
278
236
282

注意点

  • 基本的に英語・国語・選択問題の450点満点の合格最低点を記載
  • 満点が違う場合は方式の横に満点の点数を記載。合格最低点は斜体で下線部で記している
  • 試験方式は複数あるため要項を確認(あくまで目安とし利用)
  • 基本的に英語(200)国語(150)選択(100)の合格最低点を記載

合格最低点から見えること

合格最低点は平均点調整後の点数であり、実点数では72%程度の得点率が必要である。3年間で受験者数の増減はあるが合格最低点に大きな変化はなく、志願者数や倍率を気にするのではなく合格最低点を気にする必要がある。

気になる点はは社会学部の合格最低点の高さである。社会学部は女性に人気がある学部であるが、敢えて難易度の高い社会学部を受験する必要性を感じない。社会学部は元々は文学部社会学科・法学部・経済学部・商学部を横断している科目で授業をしている教授の出身学部は上記の学部の可能性が高い。何となく選んでいる受験生や自信がある受験生以外は他学部受験を考えても良い。

人気がなかった総合情報学部や社会安全学部が難易度が上がってきている。両方とも千里山キャンパスではなく人気がいまいちであったが、学部の認知が広がて来て難易度が上がっている。ただ、特殊な内容なのでしっかりと何を学ぶかを考えておくこと。

今年度の動向を考える

入試の大きな変更点とすれば、後期入試・学部別入試を失くして全学部入試を6日間の試験に変更した点である。同じ学部を6回受験することが可能となった(*昨年度まで4回)。そのため、関西大学を本命にしている受験生は6日間受験する可能性が高く、同志社や関西学院受験者も併願しやすくなっている。このことから志願者数は増加する可能性がある。一方で、浪人生の減少・コロナの影響による受験勉強の遅れなどの要因から合格平均点が上がるとは思えない。以上のことから、前年度並みの点数を採れば合格できる可能性が高い。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。