• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『英文読解の要点整理』基礎から英文読解を学ぶ参考書

英文読解の力を育成する参考書

『英文読解の要点整理』の基本情報

出版社学研プラス
価 格1,089円 (税込)
難易度共通テスト~日東駒専・産近甲龍
目 的英文読解の基礎固め
期 間4ヵ月~8ヵ月

『英文読解の要点整理』について

英文読解のポイントをおさえながら読める参考書である。偏差値50~55(進研模試)程度で取り組むことが出来る参考書であり、読みものとして取り組むこともできる。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

 

英文読解のポイントとルールが身につく参考書

本書の残念な所は、内容は良いのに知名度がない点である。精読関連の教材を読むなら『ポレポレ英文読解プロセス50』より、先に本書を読んだ方が理解しやすくなる。本書の構成は「基本ルール」「英文読解」「論理」の3つで構成されており、短い文章が合計45題出題されている。そのため、まずは「基本ルール」で必要最低限の文法上の知識や読解上の注意点を学ぶ。その際に文法問題と並行して学習することを忘れてはいけない。そして、「英文読解」の問題45問を解いていこう。「英文読解」の内容が理解できれば、「論理」で最終確認しよう。

読みやすい参考書が英語の苦手をなくす

本書が良い点は、解説に英文読解のポイントだけでなく語彙や文型をしっかりと書いてくれている点である。そして、数文程度の文章にもかかわらずpointがしっかりと説明されている点である。案外、本書の様に奇麗にまとめている参考書は少なく、受験生が独学で学習しても理解できる内容になっている。内容も日東駒専・産近甲龍レベルが中心なので共通テスト対策や難関大学対策にむけた参考書として適している。

『英文読解の要点整理』のまとめ

  • 精読学習の1冊目に使用できる参考書
  • 3つの分野に分かれているので、1つ1つ理解して読むこと
  • 持ち運びができるので通学時間に読むのも良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。