• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『英文法・語法のトレーニング基礎講義編』例文暗記で英文法を理解する参考書

繰り返し使用することで英文法の理解を深めることができる参考書

『英文法・語法のトレーニング基礎講義編』の基本情報

出版社Z会
価 格 1,100円 (税込)
難易度共通テスト基礎~共通テスト・日東駒専・産近甲龍
目 的英文法の基礎から応用までを学ぶ
期 間4ヵ月~6ヵ月

『英文法・語法のトレーニング基礎講義編』について

『Datebase3000』程度の語彙力があれば無理なく取り組める参考書である。英英文法の基礎を例文を覚える形で学習することができる。形と理解で英文法を身につける。

大手予備校に進められた教材であるが難易度が基礎ではない

偏差値40前後の高校3年生を数ヵ月で日東駒専・産近甲龍レベルまで到達するために大手予備校の薦めにより使用したのが本書であった。学習方法も、例文を暗記していきながら理解させていくようにと学習方法も指導されたが、結論から言えば、偏差値40前後の受験生には難しすぎる内容である。そのため、基礎編と書いているが最初に手を出す参考書ではない。

実際に、本書の使用方法は文法を参考書を使用しながら解説して別の問題集で確認するようにしていた。本書の内容自体は、わかりやすく構成されており先生と生徒が会話形式に進めているため理解しやすい。一方で、偏差値50未満の受験生にとって覚えるポイントがつかめない可能性がある(*情報量が多くなっている)。そのため、偏差値50~60程度の受験生が英文法の弱点を克服する参考書として使用する方が良い。

例文を暗記して学習する方法が合っている受験生

例文を暗記することで文法上のルールを深く理解しようとする学習方法はありますが、①国公立大学受験を考えている②受験まで2年以上の時間がある、このどちにも該当していれば効果がある学習になります。

国公立大学受験では英作文が出題されるために、ある程度の定型文を覚えておくことが有利になるでしょう。ただ、私大の場合は難関大学であっても英作文は難易度は高くないので無理をしなくても良いでしょう。次に、例文の暗記は時間がかかる点です。正直に言えば、その時間を他の勉強に回した方が効果的に思える点が多いことです。そのため、例文暗記は高校1年生~高校2年生までの時間が比較的ある時期に行いましょう。その時期にできないなら、無理はしない方が賢明です。

英文法問題集や授業の学習漏れを埋める参考書

本書の最大の利点は、英文法の基本を細かく解説をしてくれている点である。英文法の問題集を取り組むだけでは体系的な学習が出来ない。また、授業だけでは入試レベルの内容が教えられない場合がある。そのため、本書を並行に取り組むことで1段深い英文法の学習が可能となる。

本書は、覚えることに重点より理解することに重点が置かれた参考書であるため、高校1年生や高校2年生の間に取り組むべき教材である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。