• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『システム英単語Basic』英単語の基礎を固めて大学受験に対応する

高校1年生~高校2年生の単語を覚える教材

『システム英単語Basic』の基本情報

出版社駿台文庫
価 格1,100円 (税込)
発売日2019年11月10日
難易度共通テストレベル
ページ370ページ

『システム英単語Basic』について

中学生から高校1年生・2年生で使用される単語を収録した単語帳である。本書の2章・3章は上位単語帳の『システム英単語』の1章・2章と同じであるため、『システム英単語』を使用する学力がない受験生向けの単語帳である。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

英単語の基礎を学ぶことが出来る単語帳

本書は中学生範囲から単語を学ぶことが出来る教材であり、共通テスト・中堅私大程度の語彙力を増やすことが出来る。単語帳の難易度からすれば、『データーベース3000』程度の難易度であり、どちらを使用するかは好み次第である。

本書はミニマル・フレーズで覚えることを意識しているため、単純暗記が苦手な受験生にとって、この参考書が合うといえる。出題は出る順(頻出順)になっているが、本書の内容は必ず全て覚えるようにしよう。そうしないと、中堅私大も共通テストにも対応できなくなる。

単語の覚え方は繰り返し学習が基本

英単語の覚え方は色々あるけど高校で学ぶ英単語の場合は、まず英単語から日本語訳を言えるようになればOKと思うようにしよう。その際に、書いて覚える様に指導している場合もあるが、書いて覚えるのは何度やても覚えられない単語だけにすればよい。それ以外は、英単語を見て日本語訳がわかれば良い。

単語学習で1番重要なのは繰り返し学習することである。本書も繰り返し学習することをしよう。その際に、重要なのは勉強量を増やすことである。そのためには繰り返し学習するしかないので1日も欠かさずに学習するようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。