• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【E判定から逆転合格】偏差値40から偏差値50に上げるための参考書

偏差値を上げるためには自分に合った参考書を使うことが大事

まずは偏差値50を目指す必要がある

ベネッセのマナビジョンにある偏差値表を確認してもらえれば偏差値50では日東駒専・産近甲龍には届かない学力であるが、偏差値50を超えることで公募推薦や一般入試などで大学に合格する可能性が出るので進路先の選択肢が増える。一方で、偏差値50未満であれば学校選抜型入試(AO入試・指定校推薦入試)で行ける大学を探す必要がある

自分の偏差値がわからない高校生も多いが、受験用の指導がされていない高校(高校偏差60以下)では多くの場合は偏差値40台の可能性が高い。そのため、受験勉強の基本をつくる意味でも偏差値50に到達する必要がある。

そして、偏差値50に到達するのは難しくない。高校3年生の夏頃までの全国平均点(各科目)は45%~55%の場合が多く半分の得点を採れば偏差値50以上になることが多い。そのため、E判定から逆転合格を目指すなら、まずは偏差値50に到達する必要がある

自分に合った参考書・予備校選びが大事

大学受験を目指した際に、よく勘違いするのが予備校・塾に通えば偏差値は上がると思っている点である。大学受験では予備校・塾に通っても簡単に偏差値は上がらない。問題となるのは、①自分の学力に合った教材を提供してくれている・②指導者が受験指導に精通しているかの2点である。

①に関しては予備校でおきやすい過ちだが、難関大学を目指している(偏差値が低い状態)から難関コースに在籍している場合がある。これでは時間とお金はかけるが効果的な学習が期待できない。上のコースであればできていることが前提で授業が進められる。それなら、下のコースでしっかりと学習した方が効果的である。

②に関しては少人数制の塾でおきやすい点であるが、大手だろうが個人塾だろうが大学生が講師の場合は必ずしも受験指導に精通しているわけではない。実際に、教え子が古典の学習を真剣に取り組んでいないにも関わらず高校3年生の古典を担当している場合があり本人も無理と言いながら指導している姿を見ていた。受験指導に精通している先生や指導に熱心な先生が担当なら良いが難しい。

もちろん、予備校や塾に通うのは指導面以外にも+αの効果があり必要なことではあるが、通えば簡単に偏差値が上がるとは考えない。上手いこと利用することが大事であり、偏差値40から難関大学を目指して学力を伸ばしていくためには参考書選びから勝負になることを覚えておく必要がある

偏差値40台の受験生にお薦めの参考書

英単語帳

偏差値40台は単純に語彙力がないから文が読めない・学習できない。そのため、語彙力をつけるためにお薦めの参考書を紹介したい。

単語から熟語の基本を1冊で仕上げる

1冊の単語帳で偏差値50程度の語彙力をつける

『データーベース3000』桐原書店

中学生単語(lev1~Lev2)を復習しながら共通テスト基礎・中堅私大までの単語・熟語が1冊で仕上げることができる。

②簡単な発音がわからない場合に使用する単語帳

『基本英単語・熟語ターゲット1100』旺文社

『英単語ターゲット1200 』旺文社

『英単語Target1400』旺文社

こちらのパターンは3冊の単語帳を購入する必要があり費用面では負担があるが、英単語の発音の仕方がわからない場合はこちらのルートで取り組んだ方が良い。『基本英単語・熟語ターゲット1100』は中学単語ばかりなのでパッと見て問題なさそうなら飛ばしても良い。

偏差値50に到達するためには、まずは語彙力をつけることが大事である。そのため、学習の比重としては単語帳に重きを置きながら学習する必要がある。長文がある程度読める様になれば点数が採れるようになるので偏差値50到達に近づく。

英文法

まずは、英文法は学校の授業をベースにして大丈夫である。しっかりと定期テストで勉強しておけば後で文法問題を完成させることが出来る。そのため、問題集を通して英文法は繰り返せばよい。

『英文法レベル別問題集 2基礎編』 東進ブックス

『英文法レベル別問題集3 標準編』 東進ブックス

英文法に関しては参考書を読んで学習するのではなく、問題集を解きながら文法知識を詰め込んだ方が効果的である。学校の授業で英文法を習っているため活用することが大事である。また、偏差値40程度の学力であれば英文法の参考書を読みながら学習すると挫折することが多いので、この段階では長文主体の学習であり英文法は最低限の学習で抑えておく。

英語長文

長文読解は文型の理解と同時に語彙力の定着を目指すために使用する。多読することで、速読力が身につき学習量を増やすことになる。費用的な問題があるので5冊ほどお薦めする。

『英語長文レベル別問題集2基礎編』 東進ブックス

『英語長文レベル別問題集 3 標準編』 東進ブックス

『英文速読トレーニング ソクトレ150【はじめて編】』 アルク

『英文速読トレーニング ソクトレ150【標準編】』 アルク

『速読英単語 入門編』 Z会出版

この5冊を取り組めば長文読解力が身につく一方で語彙力を身につけることが出来る。より効果的に学習するには誰かに指導してもらいながら取り組んだほうが効果的なので塾などを活用して文型を意識しながら読んでいけば読むスピードも速くなる。

偏差値50に到達してから始まる逆転合格

偏差値は急上昇することができる

指導してきた中で約1年程度で偏差値を20~25以上上げて難関大学に合格していった受験生がいる。最初は助動詞もわからないレベルから偏差値を急上昇させた要因は、学力に応じた適した参考書を使用したためである(高校偏差値は38~43程度であり一般入試を受験する学生も数人程度の高校出身でも伸ばせる)。そのため、まずは偏差値50に到達する様に受験指導する必要がある。英語は語彙力が身につけば偏差値50には到達することはできるが、語彙力を身につける過程で学習方法や勉強のリズムが身についてくるので、次の段階を目指しやすくなる。

実感からすれば、高校偏差値55以下の高校生は受験勉強に時間がかかる。高校偏差値55~60程度の高校では受験勉強に取り組み方次第で学力を伸ばしやすいが、特に手を打たないと難関大学には届かない。そのため、E判定から逆転可能な理由には、高校生は思った以上に受験勉強していないため自分に合った教材で学習すれば一気に追い抜くことが可能である

ある生徒が難関大学に合格した後に出身中学に遊びに行った際に賞賛の嵐であったらしい。そもそも高校にも進学するつもりがなかったがギリギリ(年明けに)で高校に行くことを決めた。その子が難関大学に合格したことで全員に褒められたらしい。

このことからも、勉強方法を間違えずに取り組めば学力を伸ばすことはできる。さらに言えば、学力の高い子は更に学力を伸ばすことが可能である。

ある時、指導していた教科でクラス全体で偏差値60以下の生徒は1割以下であった。他教科の平均は偏差値45~55だったことを考えれば、かなり学力を引き伸ばしていることがわかる(半数は70以上である)要は、その子にあった教材で繰り返し学習さえる点とポイントを見極めて教えれば偏差値を上げることは可能である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。