• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『出口の現代文レベル別問題集2 基礎編』高校生が最初に取り組む現代文参考書

『出口の現代文レベル別問題集2 基礎編』の基本情報

出版社東進ブックス
価 格880円(税込み)
難易度共通テスト基礎
ページ143ページ

『出口の現代文レベル別問題集2 基礎編』について

〈論理的思考力〉と〈文脈力〉を養成することを主眼においており、出口流の現代文の学び方ができる。AO入試や短大対策で使用できる参考書で高校1年生から取り組める内容である。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

現代文を仕上げる第1歩の教材の1つ

高校生が初めて取り組める難易度の問題集である。現代文が苦手に感じているなら『出口の現代文レベル別問題集1 超基礎編』を先に取り組んでも良いが、どうちらも難易度に差がない(*1より本書の方が内容が難しいとなっているが大差はないように感じる)。ただ、本書は現代文の解き方が出来ているかを確認する問題集として考えた方が良い。解説はポイントを抑えて書かれているが、1から解き方を覚えると言うより知識を定着させる教材である。

高校1年生から取り組める教材であり、読み解いて解説する形式でないため、まだ学習意欲が乏しい高校生であっても解説をしっかり読める分量になっている。そのため、これ1冊で受験現代文が仕上がるわけではないが、今の実力を測るのに効果的な参考書である。

『出口の現代文レベル別問題集2 基礎編』の上手な使い方

本書は自分自身の現代文の力を測るのに効果的な学習であり、ある程度学力があるなら解説を読んで十分理解できる内容になっている。一方で、現代文が苦手な受験生は塾などで指導して貰いながら取り組めば効果的な学習をすることができる。

問題が正解したか間違えたかではなく、解答にたどり着くプロセスが非常に重要である。そのため、本書で学んだ解答パターンを使用できているかどうかを確認しながら解いていけば効果的である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。