• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

2021年共通テスト第2日程の中間発表比較

共通テスト第1日程と第2日程の比較

中間発表と大きく平均点に差が出た結果へ

科目2021年
共通テスト
中間発表
(第2日程)
2021年
共通テスト
中間発表
(第1日程)
2020年
センター試験
平均点
リーディング51.4060.35116.31(*58.)
リスニング51.3257.2328.78(*57)
数学ⅠA35.0559.2051.88
数学ⅡB32.2962.8549.03
国語103.28116.05119.33
物理基礎22.4738.1233.29
化学基礎22.2125.6028.20
生物基礎21.1030.1732.10
地学基礎30.1134.1727.03
物理49.8958.8960.68
化学36.4352.8054.79
生物45.6473.1457.56
地学47.0639.51
世界史B50.25
65.7962.97
日本史B56.83
66.0665.45
地理B59.87
65.5266.35
現代社会58.3554.3457.30
倫理66.2071.7665.37
政治・経済52.8951.3253.75
倫理、政治経済58.1169.1866.51

第2日程から考えられること

大学入試センターから共通テストの第2日程の発表がされた。以前にblogで掲載した「2021年大学入試共通テスト平均点予想と中間発表から入試を考える」から読み取れることを考えたい。

第1日程は約48万人が受験したが、第2日程は約1万人を下回っており多くの受験生は第1日程で受験したことがわかる。そして、第1日程と比べて平均点は概ね減少しているが、数学の減少幅が多いことが気になる。数学ⅡBが第1日程と比べて平均点が半分程度まで下がっている点は問題の質を考える必要があるかもしれない。

一方で、全体的に平均点が第2日程の方が下がっているにおも関わらず、現代社会は平均点が第1日程を上回りそうである。第1日程の時から現代社会の平均点の低さが気になったが、問題の質にバラつきがあったかもしれない。

国公立大学出願への影響

国公立大学への出願に関しては影響は軽微である。受験者が少ないこともあるが、私大入試を考えれば第2日程は日程的な負担が大きく、多くは第1日程で受験している。そのため、今回の第2日程の中間発表から受験生が大きく動揺することは無いだろう。

国公立大学の状況は、昨年の中間集計時点より3万280人少ない5万5473人が出願している。かなり動きが遅いこともあるが浪人生の減少などが要因の一つである。今回の共通テストは思ったより点数が採れた傾向があったが、出願が昨年度同時期よりも少ないのはコロナの影響と併せて様子見が強いのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。