• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『中3数学 新装版』教科書レベルの数学を完成させる参考書

しっかりと教科書内容を理解する参考書

『中3数学 新装版』の基本情報

出版社学研プラス
価 格1,540円(税込み)
難易度教科書レベル~公立高校受験対策
ページ288ページ

中3数学 新装版【1000円以上送料無料】

価格:1,540円
(2021/2/15 17:49時点)
感想(0件)

『中3数学 新装版』について

教科書内容をわかりやすく,くわしく解説した参考書であり、定期試験対策だけでなく高校受験対策にも使用できる参考書である。教科書の要点をとらえながら、教科書より詳しく解説されていることで、予習だけでなく、授業で分からなかった内容などを本書を使用して取り組むことが出来る。

定期試験対策で高校受験を乗り切る参考書

本書は授業範囲をしっかりと覚え込むために使用して良いが、高校受験を考えれば計画的に取り組んだ方が良い。もし、本書を取り組んで難しく感じるなら『中1数学 新装版』『中2数学 新装版』を先に取り組んだ方が良い。特に図形問題・関数が苦手に感じている中学生は先に取り組むようにしよう。特に、本書の4章~7章は中2までの内容をしっかりと理解していないと難しく感じるだけでなく、高校受験に対応できない可能性がある。

また、高校受験を視野に入れるなら計算問題を解くようにしよう。問題が解けるではなく、問題を早く正確に解けることを目的にすること。計算問題を早い段階で鍛えておくと高校に進学した後に授業が一気に楽になる。

本書の取り扱い方

本書は1題ごとに設問と解説がされているが、できれば1章を一まとめにして取り組むようにしよう。最初は時間がかかるが、授業と同じペースで構わないので、復習する際に章毎に取り組むことで繰り返し学習が出来き学力が定着するだけでなく、解答速度を上げることが出来る。そうすることで高校受験に対応する力が身につく。

本書を読めば内容を理解することはできるが、もしそれでも理解できない場合は学校の先生や塾に頼ってわからない点を失くす努力をしよう。

中学数学の重要性は?

非常に残念ながら義務教育範囲の数学が出来ている高校生は半分程度である。そのため進路選択の際に数学ができない理由で国公立大学や特定の学部を諦める必要がでている。

特に高校段階で数学が躓く理由は、①計算問題ができない・②理論的に考えることが出来ない点である。

①は小学生範囲の内容であり(算数)、小数の計算や分数の計算ができない高校生・大学生も多い。この段階では一般生活で苦労することが多い。

②は式・図形・関数など抽象的な内容を理論的に証明していく力が求められる(数学)。高校1年生は計算問題が主なので気がつかない場合が多い(数学ⅠA)が、大学受験で重要なのは理論的な考えである(数学ⅡB)。そのため、高校卒業後の進路選択を増やす意味でも中学範囲の数学を本書を使用して確実に理解するように使しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。