• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『スバラシク強くなると評判の―元気が出る数学B―』共通テストに向けての対策

この参考書を乗り越えれば国公立大学が見えてくる

『スバラシク強くなると評判の―元気が出る数学B―』の基本情報

出版社マセマ出版
価 格本体1,089円(税込み)
難易度日東駒専・産近甲龍・共通テスト
ページ204ページ

『スバラシク強くなると評判の―元気が出る数学B―』について

”平面(空間)ベクトル”、”数列”、”確率分布と統計的推測”の受験生が苦手としている分野を詳しく解説をしている。数学Bは理系・国公立大学希望者だけが高校で授業を受けている場合が多く、文転・私大変更の原因になる科目だ。そのため、本書の様に詳しく書かれた内容で理解していくことが大事である。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

教科書を併用することで理解度を深める

このレベルの数学Bは多くの受験生が躓く箇所でもある。もちろん、従来通り3段階で印をつけていく。問題を解き終えた場合に、〇は正解した問題・△は凡ミス(計算ミスや解説を読んですぐに理解できた内容)・×は解説を熟読する必要があった(質問した内容)である。1周目を終わった後に△や×の問題だけ取り組むことで必ず本書の内容は仕上げる様にしよう。しかし、より多くの類似問題に取り組んだほうが良い。

本書の内容は教科書程度の難易度であるため、教科書の例題や問題も同じ範囲取り組んだほうが効果的である。ここからは、多くの問題を取り組みながらカイトパターンの種類を増やす方が効果的な学習ができる。上手に教科書を活用しよう。

数学Ⅱとの関係

本書を手にして気が付いた受験生も多いが、ⅡBで1冊にまとまっていない点である。言い換えるならば、ⅡとBを1冊づつにしないと解説しきれないということである。それほど難易度が高いが、数学Ⅱと数学Bはどちらを優先にするかの疑問がある。

まず、優先して取り組むのは数学Ⅱである。覚える量が多いのは数学Ⅱのため優先して取り組んだらよい(*もちろん、同レベルの問題集という意味で)。数学Bは量は少ないが内容が難しい。そのため、数学Ⅱを固めながら数学Bを理解していく方が良い。

受験生の壁になってくる数学ⅡBであるが、もし数学ⅠAが仕上がっていない状態で高校3年生になるなら次のパターンは間に合わない可能性を考えよう。①科目数が多い国公立大学の受験、②数学Ⅲまで必要な私立大学である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。