• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『快速解答!共通テスト数学Ⅱ・B』共通テスト対策に必携の参考書

国公立大学受験に必要な数学が身につく参考書

『快速解答!共通テスト数学Ⅱ・B』の基本情報

出版社マセマ出版
価 格本体1,320円(税込み)
難易度共通テスト
ページ248ページ

『快速解答!共通テスト数学Ⅱ・B』について

馬場敬之による数学の参考書の1つであり、マセマ出版社から段階的に難易度を設定した問題集の1つでもある。共通テストの数学Ⅱ・Bを高得点で乗り切るために詳しい解説とともにポイントを理解させてくれる。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

『快速解答!共通テスト数学Ⅱ・B』の使い方

今までのシリーズと同じく、本書でも前と同じように3段階で印をつけていく。問題を解き終えた場合に、〇は正解した問題・△は凡ミス(計算ミスや解説を読んですぐに理解できた内容)・×は解説を熟読する必要があった(質問した内容)である。1周目を終わった後に△や×の問題だけ取り組むことで必ず本書の内容は仕上げる様にしよう。

注意が必要になるのは、本書が取り組むレベルに到達すると共通テストレベルに近づいていることがわかる。そのため、本書ばかり取り組みがちであるが、数学ⅠAも並行して学習することを忘れないでおこう。数学ⅠAは週1回程度模試の問題を取り組みながら固めていき、本書で数学ⅡBを取り組むようにしよう。

この様に考えると、平日は本書を優先して土日は数学ⅠAと本書の△×の箇所だけ解くようにしよう。そうすることで学習の偏りを防ぐことができる。

マセマシリーズの完成まであと少し

マセマ出版社が発売している参考書シリーズも残り少しになってきている。ここまで取り組んだ受験生は、数学の知識がある程度身についたと言える。それでも、まだ完成ではないのであと数冊取り組んでから過去問を取り組もう。

本書のシリーズは解説が詳しい反面、取り組まなくてはいけない内容が多い点である。時間がかかるが、しっかり数学の学力を伸ばすことはできる。そのため、早い段階から計画的に学習していけば実力はつくので受験勉強は早めに取り組んでいこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。