• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【中学生進路】公立高校と私立高校の学費負担の差について考える(大阪)

費用面では公立高校の方が私立高校より有利なのは本当なのか?

はじめに

以前は、世帯収入が少ないから公立にしか行けないと考えている保護者や中学生が多かったですが、最近は私立高校に対して支援金が充実してきています。本当に公立高校の方が費用面で負担が軽いかどうかを考えてみましょう。

【進路・受験情報】の一覧ページ

私立高校と公立高校の学費の差は?

大阪の私立高校と公立高校の学費の差を調べてきました。上記は平均金額になりますが、入学金・授業料・施設整備費等の合計で初年度の差額は約62万円の費用負担の差が出てきます。授業料に関しては約48万~約125万円までの高校間で差があります。授業料が60万を超える高校も多く公立高校と比べて費用負担の重さを感じます。

ただし、この金額を全額支払うのであれば非常に高額な学費になるのですが支援金などが充実しているので実質的な負担は軽減されます。(ただし、1度授業料を振り込んでから返還されることになるので注意してください)

もちろん、上記の費用以外に制服代・体操服代・PTA費・修学旅行費などの費用もかかることに注意してください。

どれぐらいの支援金があるのか

支援金には国の支援金と地方公共団体ごとの支援金の2種類があります。下図は大阪府の支援金の例になります。授業料が60万円の場合を想定しています。

まず、年収目安910万円未満の場合は国の支援金として私立高校・公立高校に関係なく11.8万円が支給されます。(年収目安は世帯状況によって変わるので目安として考えてください)この段階で、年収目安910万円未満の世帯は公立高校であれば授業料が実質的に無償になることがわかります。また、国の支援金として世帯年収が590万円未満の場合私立高校では年間39万6,000円の就学支援金があります。国の支援金だけ考えた際に、年収目安が590万未満の場合は国の支援金だけで51.4万円あり私立高校の平均授業料が約58万円なので実質授業料負担額は約7万程度まで減ることがわかります。そのため、世帯収入が少ないから公立しか行けないは間違いであることに気が付きます。さらに大阪府では私立高校に進学した際の支援金があります。下の図は更に内訳の詳細を示したものです。

出典:大阪府教育庁私学課(抜粋)

あくまで世帯収入は目安なので子どもの数などで基準は若干代わります。まず世帯年収を4段階に考えてみましょう。(授業料想定は60万円)

①【世帯収入目安590万未満の家庭】の場合は国の就学支援金(396,000円)+大阪府からの支援金(204,000円)の合計が60万円支給されることになります。そして、心配になるのが授業料が60万円を超えている高校の場合は超えた金額は私立高校が負担するため実質的に保護者は授業料負担なしで私立高校に通学が可能になります。そのため、世帯収入が少なくても私立高校に通うことは可能です。

②【世帯収入目安800万未満の家庭】の場合は国の支援金(118,000円)に子どもの数によって支援金が1人(281,000円)・2人(381,000円)・3人以上(481,200円)と支援金が変わります。合計の支援金額は子ども1人400,000円)・2人(500,000円)・3人以上(600,000円)になります。そのため、子ども1人の場合は20万円、2人の場合は10万円の実質負担額になりますが子どもが3人以上いる世帯では実質的に授業料はなくなります。授業料が標準授業料(年間60万円)未満の学校であっても授業料負担額の変動がないことは注意しましょう

【世帯収入目安910万未満の家庭】の場合は国の支援金(118,000円)に子どもの数によって支援金が1人(0円)・2人(181,200円)・3人以上(381,200円)と支援金が変わります。合計の支援金額は子ども1人(118,000円)・2人(300,000円)・3人以上(500,000円)になります。そのため、子ども1人(481,200円)、2人(300,000円)、3人(100,000円)が実質的な負担額になります。もし、授業料が60万円を超える場合は超えた額は保護者負担になります

【世帯収入目安910万未満の家庭】の場合は子どもの数に関係なく国も大阪府も支援金はありません。

以上のことを考えると、世帯収入目安が910万円以上の世帯にとって公立高校の方が費用面では圧倒的有利なのがわかります。一方で、世帯収入800万円未満の子ども1人の場合でも授業料は20万程度の差になるので費用面だけで判断すれば公立か私立かの悩む分岐点になるかもしれません。そして、収入が少ないと公立・私立で費用面であまり差がなくなることがわかります。

国の支援金や大阪府(他の都道府県)の支援金は1学期に学校から配布されます。別々に来るので必ず提出するようにしてください。

私立高等学校等奨学のための給付金(授業料以外の教育費補助)

授業料以外も世帯収入次第で支援金があるので書いておきます

  • 生活保護受給世帯に扶養されている生徒(52,600円)
  • 道府県民税所得割と市町村民税所得割が非課税世帯で①同じ世帯に扶養されている兄弟姉妹が高校等に在籍している場合・②同じ世帯に扶養されている兄弟姉妹が15歳以上23歳未満で中学や高校等に在籍していない場合、①か②のどちらかに該当する場合(138,000円)
  • 道府県民税所得割と市町村民税所得割が非課税世帯で上記①と②に該当する兄弟姉妹がいない場合(103,500円)

これらの支援金に関しては保護者から申請が必要であるが、子どもが私立高校に通うための支援金は充実している。

もちろん、授業料以外にも色々な費用がかかるので次で比較してみたい


入学金・授業料・施設整備費以外にかかる費用

高校では入学金や授業料・施設整備費以外にも諸経費や諸会費など色々な呼び方はありますが徴収される資金があります。これは公立高校も私立高校も徴収されますが一般的に私立高校の方が高めに設定されます。例えば、修学旅行費の積み立てなどです。私学の中にはヨーロッパに修学旅行に行って羨ましいという声がありますが、豪華な旅行の分だけ保護者が支払っているだけのことです。

余談ですが、校外学習に行った際に散策を行程に入れることで生徒の満足度を高めながら校外学習費用を抑えることに成功しました。余った金額を交通費+散策費用援助で1人当たり1500円程度返金したのですが生徒はお金を貰えたと喜んでいますが単純に保護者が支払った金額を返金しただけです。もちろん費用を抑えて満足度を高めたことは感心してほしいですが。

中には保護者会費や同窓会費など何に使用されているかわからない費用もかかってきます。場合によっては学年費という名目で何に使用しているかわからないお金もあります。

あるA高校ではコースにより20万円~25万円の負担がある高校もあればB高校ではコースによって6万円~10万円の負担があるなど同じようなコースであっても負担金額が大きく異なります。さらに、制服代金や教科書代だけでなくiPad(タブレット等)の購入や自宅にネット環境の整備を求める高校も多くなっています。これは、公立も私立も関係なく学校の特色によって金額が変わってきます。ただ、私立高校の方が高くなる傾向があります。

例えば、高校で学年全部で模試や進路マップなどを受験している場合があると思います。もちろん、これらの費用は事前に保護者から諸経費として徴収されています。特に、進学校であれば複数回受験するので年間で模試代だけでも数万になるでしょう。当然、芸術鑑賞など文化的な行事も保護者から徴収しています。

このため、中学生自身だけでなく保護者も含めて、学校説明会やパンフレットで華々しい行事やコースの特徴がある裏で費用が掛かっていることを忘れてはいけません。上述のA校とB校では年間で10万円以上差があることを考えれば、学校の授業で経験できることに差が出て当然でしょう。(*ただ、その価値があるかどうかは見極めが大事かも)

公立高校か私立高校のどちらを選ぶかの決め手

世帯収入によって違いがありますが、全ての費用を考えれば公立高校の方がメリットがある様に感じます。でも、本当にそうでしょうか?

ある公立高校(偏差値60程度)の学校で教えていた時に夏休みに3年生が登校していました。話を聞くと、受験用の補習があるから来たらしいのですが、その日は90分国語をやって終わりだと言います。60分かけて学校に来て、問題を解いて解説受けて90分で帰っていく姿を見て何て無駄な行動だと感じました。よく聞くと、夏休み中は受験用の補習があっても多くて3時間程度で、夏休み中5~7回程度というお粗末さであった。そのため、多くの子たちが予備校に通っているのが現状ですが、大概の成績上位者は近畿大学・龍谷大学・関西外国語大学程度で関西大学以上は稀な結果でした。

この様に、公立高校に進学しても予備校に通う必要があれば費用面のメリットはなくなります。もちろん、私学でも予備校に通っている場合も多いので高校が受験に対して熱心かどうかもポイントになります。さらに、公立高校でも熱心な先生はいますが転勤するリスクもあります。10年~15年程度で転勤する場合も多く、人が変わった瞬間にすべてが変わってしまう場合が多いです。特に部活動などは顕著に表れます。また、生徒指導面でも中心の先生がいなくなって学校が荒れ始めたという話も聞きます。その私学は基本的に転勤がないので良くも悪くも予定通りの環境に入れる可能性があります。

余談ですが、実は結構面倒に思えたのは公立高校です。公立だから仕方がないことなのですが、業者などの選定が入札になっています。そのため、卒業アルバムなど要領がわかっていない写真屋が来る場合もあります。さらに3年生を担当した担任は写真屋が卒業アルバムをプレゼントしてくれるのですが、残念ながら公立は公務員のため贈収賄に該当するため購入する必要があります。良くも悪くも私立も公立もメリットもデメリットがあります。

結局、よほどの費用負担の差がない限りは公立だろうが私立だろうが一番行きたい学校を選ぶことが大事です

Xserverドメイン

成績が良ければ特待生(推薦生徒)で入学できる

私立高校には特待生(推薦生)を採用する制度を持っている高校も多いです。例えば下記の一例がある

  • 9教科評定合計40以上なら入学金免除、制定品及修学旅行相当額を支給し 原則3年間の授業料無料にする
  • 9教科評定合計32以上なら入学金免除
  • 入試の成績が100番以内の場合、入学金免除
  • 実用英語技能検定準2級以上は初年度5万円支給

この様に成績や資格に応じて入学金免除の特典がある高校も多い。もちろん、専願だけの場合もあるため併願だったけど特典があるので専願に切り替えた中学生も多い。私立高校も優秀な生徒募集に必死のため制服代や教科書代を支給する高校も増えている。もし、入学金が免除になれば、ほぼ公立高校と差がない費用負担になる。ただ、大前提に中学生の間の評定(内申)が重要になることは知っておこう。

まとめ

大阪府が低所得者向けに授業料を実質ゼロにしたことで私立高校への志願者が増えた感じが強い。それでも、中学生人口が減少する中で私立高校が経営努力をしていることはわかる。公立高校もアピールをしようとしていますがHPを見れば何世代か前のHPに思えます…。最新版の資料を参考に書いていますが、再度生徒たちから配布される資料や担任の先生にわからない点は聞いてみましょう。政策の変更などがあるかもしれません(最新版は学校に通知がいきます)。まず、先入観を捨てて自分の行きたい学校に行くために評定(内申)は上げておきましょう。

【進路・受験情報】の一覧ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。