• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【中学1年生】助動詞10-2

英文法解説

はじめに

canは助動詞ですが、中学1年生ではcanだけ学習することになります。今回は疑問詞の中のcanや会話文で使用されるcanを学習していきます。

中学英語講座(英文法)の一覧ページ

1.疑問詞の助動詞

疑問詞の中の助動詞(can)の使用する方法ですが、「疑問詞の文+助動詞疑問形」で完成します。注意が必要なのは疑問詞の文の方ではないでしょうか?。疑問詞に関しては【中学1年生】疑問詞7-1などで疑問詞自体を忘れている場合は復習が必要ですが、疑問詞はwhatなどの疑問詞だけの場合、例文ではWhat can you buy?の様に形で下線部以下が助動詞の疑問文の場合と、疑問詞+名詞の場合の2つのパターンがあります。例文では、How many books can you have?のように下線部が疑問詞+名詞でそれ以外が助動詞の疑問形になります。この2つのパターンに慣れるようにしましょう。

「How can I~?」の「私はどうすれば~できますか」の意味と「Where can I~?」の「私はどこで~できますか」の意味に関しては熟語として固まりとして覚えたほうが早いでしょう。「I」以下の内容は通常の助動詞(can)の文章なので難しくないと思います。

2.許可を求めるCan I~?

会話文で頻出する内容なのが許可を求める「Can I~?」で「私は~できますか」と質問する内容である。自分自身が何かしたいときに相手に「できるかどうか」を求める際に使用します。そして、これは同級生などに使う表現であり、丁寧に相手に許可を求めたい場合は「May I~?」を使用します。よくお店などで店員さんがお客に声をかける際に「May I help you?」と使用します。直訳すれば「私はあなたを助けることができますか」になりますが、実際には「何かごようですか」「何をお探しですか」の意味になります。この2つの意味を間違えずに使用するようにしましょう。

そして、答え方ですがYes/Noで答えても良いのですが、会話文なので上記の図にある様にSure.(もちろん、いいよ)などを使用して答える場合が多いです。そして、もし拒否する場合はI’m sorry+理由で答えてあげると丁寧になります。

3.依頼を求めるCan you~?

相手に依頼を求める際には、「Can you~?」で「あなたは~できますか」の意味になります。例えば、物を取って欲しい時などによく使用します。ただ、Can youはクラスメイトなどに使用する表現であり、丁寧な表現をする場合は「Could you~?」を使用します。canの過去形がcouldですが、Could youの場合は現在の話でも過去形にして話すので注意が必要になります。会話文では同じ意味でも使い分けが必要な場面があるので注意しましょう。返答法に関しても前回のCan Iと同じように返答すれば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。