• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【中学2年生】未来形2-2

英文法解説

はじめに

今回は未来形(be going to ~)の疑問文と定型文について学習します。今まで学習した内容を組み合わせていくだけなのでパターンを早く覚えるようにしましょう。

中学英語講座(英文法)の一覧ページ

1.未来形(be going to ~)の疑問文

未来形(be going to ~)の疑問文はbe動詞を文頭に持っていけば完成します(文末の?は忘れずに)。しっかりとした文で書くと「Be動詞 + S + going to + 動詞原形 ~?」で「~するつもりですか」「~しますか」の意味になります。例文では、肯定文であれば「You are going to stay home after school.」になります。これを疑問形にするにはbe動詞(are)を文頭に持っていき、「Are you are going to stay home after school?」にすれば未来形の疑問文が完成します。

これらの疑問文に対して答え方はYes/Noで答えてくだい。未来形(be going to ~)の基本的な形がわかっていれば難しくない内容だとわかります。

2.未来形(be going to ~)の定型文

未来形(be going to ~)の定型文に関しては「What are you going to do?」で「あなたは何をするつもりですか」の意味があります。こちらは定型文(構文)として覚えれば良いでしょう。doに関しては別の動詞に変えることができます。例えば、「What are you going to take?」であれば「あなた何を取るつもりですか」の意味になります。

また、疑問詞と未来形の疑問文で文章を作ることができます。形は疑問詞+過去形の疑問文と同じように、疑問詞+未来形の疑問文にすれば完成です。例えば、「Where are you going to meet him?」で「どこで、あなたは彼に会うつもりですか」になります。まず、疑問詞の意味を言った後(誰が、いつ、どこで等)に未来形の疑問文の訳をすれば和訳は完成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。