• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【進路・中学生/高校生】夏期講習・冬期講習を受けすぎると逆効果?

頑張る方向を間違えると時間とお金が無駄になる

はじめに

塾や予備校では通常の費用以外に夏期講習・冬期講習など季節ごとの講習など受講する中高生は多いと思います。確かに、長期休暇中は追い込みの時期ですが果たして全ての講習は効果的なのでしょうか?今回は、そのことについて考えてみたいです。

低学年には効果的な夏季補習・冬季補習

塾に通っている子ども達は夏期講習など季節ごとの講義を受講している場合があります。では、平均的にどれくらいの費用が掛かっているかを下図でまとめてみました。

学年夏季講習費用の目安
小学生2万円~5万円
小学生(6年)
(中学受験)
16万円~19万円
中学生3万円~8万円(1・2年)
8万円~20万円(3年)
高校生5万円~15万円(1・2年)
7万円~22万円(3年)

あくまで目安であるが、夏季補習に多くの費用をかけている場合が多い。ただ、夏季補習・冬季補習を過剰に受講している小中高生がいるのも事実である。確かに、保護者が費用面を気にせずに家にいれば勉強しないから夏季補習・冬季補習を受けさせたいという場合もある。ただ、多くは塾・予備校から受講を薦められる場合も多い。塾・予備校も営利企業であるため利益を求めて不必要な(過剰な)講習を受講させている場合がある。そのため、どの様な子どもが夏季補習・冬季補習を受講したら良いか?

単純に言えば、低学年になるほど学習効果が高く、大学受験の場合はデメリットが存在することをしっておこう。要は、目的に合わせて夏季補習・冬季補習を受講できているかが重要である。

小中学生と高校生の学習内容の違い

小中学校で学ぶ内容は覚える内容は少ない(高校生と比べると)。そのため、小中学生は演習問題(ドリル学習)を通して学力を定着させる方が効果的である。

確かに、中学生の中には覚えることが多いと感じている中学生も多いが、大学受験と比べると圧倒的に覚える量は少ない。高校受験用の入試問題を作成している際に中学の教科書を参考に使用できる内容や文字を確認するのだが、一体、何を質問すれば良いのか?と悩むぐらい学ぶ内容は少ない。小中学生は問題演習に取り組みながら学習した方が効果的である。そのため、夏季補習・冬季補習などで勉強時間(演習時間)を確保した方が学力を伸ばせる。

問題となってくるのは高校生である。大学受験の場合は「授業をすれば学力が伸びる」という神話は通用しない。むしろ、授業が時間の無駄になっている場合もある。

以上のことから、小中学生は夏季補習・冬季補習は有効であるが、高校生は必ずしも夏季補習・冬季補習が有効でない場合がある。ただし、費用に見合った効果があるかどうかは内容次第である。

関連記事:【進路・受験】難関大学に合格するため勉強時間確保の重要性!

大学受験に必要なこと

まず、大学受験では授業を聞いているだけでは学力を伸ばすことはありません。授業を聞いて理解して覚えられる高校生は一部です。多くの受験生は授業の内容を覚える必要があります。しかし、高校生の中には授業ばかり受けて覚える時間がない場合があります。

例えば、中途半端な進学校では学校の授業ばかり多いケースがあります。授業を受けるだけで8時~18時になっている場合があります。「ここで学んだ内容を覚える時間はいつ?」という疑問が生まれます。結局は、授業を受けるだけで何も身についていない場合が多々あります。逆に、授業をなくして自学自習で覚えることをメインに時間割を組んだ方が学習効果が高くなります。要は、覚える時間がないから学力が伸びないのであって、覚える時間を与えれば簡単に学力を伸ばすことができます

そのため、予備校などでも朝から晩まで授業を入れている受験生がいますが、演習問題などは事前に解いておく必要があるので1日のスケジュールが「授業→明日の授業のための問題演習→勉強」というタイムスケジュールになります。これでは、学力が伸びるわけありません。

では、高校生が効果的に夏季補習・冬季補習を受講するためにはどうすれば良いかと言えば、①詰め込み過ぎる時間割にしない、②目的を持った講座を受講する。高校生の場合は夏季補習・冬季補習を受けなければ勉強しないなら受験は成功しません(*小中学生なら成功する場合があります)。

関連記事:【進路・受験情報】大学受験のアドバイスで高校の授業も大切と言われるが本当なの?

まとめ

小中学生は夏季補習・冬季補習などは演習問題を多く取り組めるため学習効果がある。一方で、高校生は授業を受けるだけでは学力は伸びない。そのため、タイムスケジュールと目的をもって授業を選ばないと効果は少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。