• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【進路・高校生】桐原書店『データーベース』シリーズの本当の実力

『データーベース』の良さを気づかずに使用している

はじめに

桐原書店から出版されている『データーベース』シリーズですが、単語と熟語が掲載されており大学受験に必要な語彙力を身につけることができる参考書である。シリーズ3種類と使用してどの様に語彙力を身につけるかを考えていきたい。

高校生にとって知名度の低さが問題

受験生に学校で使用している参考書を聞くと、「あまり使用されていない本」「なんで、この単語帳を使っているかわからない」と言っている場合があり、話しを聞いていくと『データベース4500』であった。もちろん、単語帳として使い勝手が悪いわけでないが、高校生にとって知名度が高い=良い参考書のイメージが強いのだろう。では、『データーベース』は使い勝手が良いかと言えば、そうではない。志望大学によっては使用しやすい単語帳である。

まず、受験生が最大の誤解となるのが、「1700」「3000」「4500」という文字である。実際に単語帳に掲載されている数ではないため、「3000単語覚えないといけない」「4500単語」覚えないといけないと考えてしまう。でも実際には、そこから抜粋された単語が掲載されているだけである。

そして、それぞれの意図をもって使用すれば使い勝手が良い参考書として使用することができる。

なるには進学サイト

『データーベース』シリーズに向いている受験生

『データーベース』 は以下の目的別に使用することが望ましい

『データーベース』シリーズで一番使い方が難しいのが、『データベース 1700 使える英単語・熟語』である。高校で取り組んでいた経験から使用したことがあるが、掲載されている内容は中学生レベルである。そして、知っていて当たり前の単語が多く、1つ1つの語彙を見直すには良い参考書であるが単語を覚えていく感じではない。しかも、この単語帳を終わらせても高校1年生の模試が解ける力がつくわけではないので取り組むタイミングが難しい。時期的には中学3年生春休み(高校入学準備中)~高校1年生の夏までに短期勝負で使用する参考書である。

関連記事:『データベース 1700 使える英単語・熟語』中学生レベルの単語の見直し

次に最も使用しやすく、どの学力層でも使用しやすいのが『データベース 3000 基本英単語・熟語』である。LEV.1~2が中学生範囲の単語が網羅しており、LEV.3~4で高校1年生レベルの単語帳が網羅している。なぜ、使用しやすいかと言えば、どの学力層でもLEV.4まで比較的早く覚えることができるためである。

そのため、単語帳を持っていない受験生に一番使用するのが 『データベース 3000 基本英単語・熟語』である。 元々、大手予備校の学校担当者の勧めで取り扱ってみたが、使いやすい単語帳である。熟語なども掲載されているため総合力が身につく。そして、LEV.5~6で大学受験に必要な語彙力を身い着けることができる。そのため、高1・2模試~偏差値60以上の大学でも出題される語彙を身につけることができる。

ただし、高校2年生までの模試や中堅私大では十分な語彙力を手に入れることができるが偏差値60以上の大学では語彙力不足になる。

関連記事:『データベース 3000 基本英単語・熟語』中学範囲から中堅私大までの単語帳

最後に、偏差値60以上の大学を受験する際に使用するのが『データベース4500』である。ただ、いきなり本書を学習するのではなく 『データベース 3000 基本英単語・熟語』 を取り組んだあとに取り組むべき単語帳である。

ただ、単語と熟語が同時掲載されていることもあり難関大学受験では語彙力が弱い感じはする。そのため、日東駒専・産近甲龍レベルの大学を目指して最短で語彙力を手に入れるには最適の参考書である。MARCH・関関同立レベルでは一部不足している感がある時がある。ただ、本書を完璧に覚えれば対応できるだろうが…。

以上のことから偏差値65程度(日東駒専・産近甲龍)までの学力を身につけるなら 『データベース 3000 基本英単語・熟語』『データベース4500』 の2冊で最短で身につけることができる参考書になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。