• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

共通テストまでに得点率を上げるための方法【進路・高校生・大学受験】

入試の合格レベルに達するために必要なこと

はじめに

共通テストの点数が伸びない受験生が多くいます。本番が近づいてくると焦りだけが先行して点数が伸びなく悩んでしまう場合があります。そのため、受験生の段階を2種類に分けて共通テストまでに点数を伸ばすために方法を考えたいと思います。

受験生の学力段階を2種類に分ける

受験生の学力段階を2種類に分けて考える必要がある。まず、共通テストの模試などで60%程度の得点率があるかどうかである。もし、60%程度の得点が採れないのであれば覚えるべき内容が覚えていない段階である。全ての範囲だけでなく、曖昧な知識の状態であっても共通テストであれば60%程度の得点は可能である。実際に、科目によっては受験勉強をしたことがない科目(公民系・理科系)で60点程度の点数が採れることがある。そのため、60%未満であれば単純に勉強不足なので、まずは覚えるべき内容を覚えるようにして欲しい

問題となるのは、60%程度の得点率の受験生が70%、80%へと得点率を上げていくことである。この段階から得点率を1%上げるにも時間がかかる場合がある。もちろん、問題を取り組んでいけば点数を上げていくこともできるが、どうせ点数を上げるなら1つだけ意識を変えるだけで得点率を上げることができます。

ミスをなくす勉強方法を考える

得点率60~70%程度の得点率をとっている受験生は受験範囲の全てを理解しているわけではない。確かに、共通テストの問題は基本的な内容が多いため基本ができていれば点数が採れます。そのため、80%前後の得点率に持っていくためにはミスを失くすことが重要です。

実際、共通テストの模試で60~70%の得点を採る学力層の場合にミスなく60~70%はありえません。見直しをしていけば、十分点数が採れる問題も多いです。そのため、受験指導する際に学力的に無理な問題(覚えていない内容)は間違えても言いませんが、できる問題を間違えた場合には注意します。要は、できる問題を間違えないようする意識を持つことです。難関私大であれば答えることが無理な問題もあります。重箱の隅のような問題や過去問を解いていないとできない問題もあります。ただ、難関私大であっても今までの知識(志望校対策した知識)であれば90%程度は採れます。そのため、共通テストであれば満点近くの点数が採れます(*実際には時間配分などでミスが出ますが)

よく、受験生の中では「いつもなら点数がもっと良いはず」や「凡ミスが多かっただけで、もっと点数が採れる」と言い訳する場合もありますが良いわけです。

上図を確認してもらえれば、確実な知識で50点程度を確保して、残りの知識が曖昧であってもマーク式なら4択の場合が多いが勘でマークしても12点ぐらいは確保できます。そうすると62点も点数が採れます。要は、共通テスト60%程度であれば知識はこの程度になります。ただ、曖昧な知識の場所も4択ではなく消去法を使用して2択ぐらいまでし絞れています。結果、75点程度の点数になるわけです。

ただ、実際には確実な知識のつもり(覚えたつもりの知識)で点数を落としている場合があります。そのため、この確実な知識の点数を採れるかどうかが点数を上げる鍵になります。

エルセーヌの大幅減量ダイエット

考え方を変えれば点数が伸びる

問題演習の際に解説を読んで理解することも大事であるが、得点率を上げていくためにはミスを防ぐことが大事である。そのため、間違えた問題は凡ミスかどうかを常に意識する必要がある。

実際に取り組んでいた内容は、実際の点数を記入した横に凡ミスなどで点数が採れていた場合の点数を(  )で書きます。例えば62(84)と書くことで、自分が何点落としているかを意識できます。この意識する点が重要であり、限りなく誤差を失くすことが大事です。

単純に点数を書くだけなら、知識不足で間違えた点数なのか凡ミスで間違えたのかわからない場合があります。そのため、ミスを失くすために両方の点数を書くことが大事になります。そのため、普段から凡ミスを失くそうと意識して問題を解くようになるので、実際の点数が上がるだけでなく、何がわかっていないかが明確になります。そうすると、直前に何を覚えるべきかがわかることで効果的な学習ができます。

余談ですが、もっと点数を採れるはずだったと模試のたびに言っている人がいます。でも、模試で点数が採れないと本番は期待できません。そもそも、模試は実践方式で取り組むはずだから、言い訳はできません。もちろん、中には本番で成功する受験生もいますが…より合格に近づくためには普段からミスを失くしましょう。確かに、車の運転にしても100回運転しても1回もミスしてはいけませんよね。車の運転の基本動作は変わらないですが運転する環境は変わります。同じように入試も覚える内容は同じですが出題方法が変わっているだけです。ミスが多い人間と正確な人間のどちらが社会が求めているかを考えればどれだけ重要かわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。