• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

共通テスト対策の問題集は河合塾・駿台・東進・Z会・代々木で何が一番良いの?

黒本・青本・白本・緑本のどられが一番良いの?

はじめに

共通テスト実戦形式の問題を取り組む際に過去の模試形式の問題集を購入して取り組みます。その際に、河合塾(黒本)、駿台(青本)、代々木(白本)、Z会、東進など5種類の問題集が発売されています。特に、共通テストが1年分しかないので内容が変更された科目によっては、この様な問題集が重要になります。では、どの問題集を使うのが良いかを考えていきたい。

それぞれの問題集の特徴を考える

共通テスト形式の問題集は、出版社ごとに多少の差があるが共通テスト対策には役に立つ問題集であることは間違いない。2~3種類の問題集を解くことをお勧めするが、その中で何が一番使いやすいかを考えたい。

出版社内容
河合塾(黒本)①共通テストの基本的な問題集
②内容・解説的に基本となる(時々、難しい問題がある程度)
駿台(青本)①共通テストの基本的な問題集
②問題の内容が使いまわしが多い(1年限りなら問題がない)
東進①問題の質は悪くないが、まだまだ定番になりきれていない
代々木(白本)①問題の中で癖がある問題が出題される場合がある
②基本的な内容+イレギュラーの問題に対応する力をつける
Z会①方針として問題は難しめの内容を採用している

基本的に最も使用しやすい問題集は河合塾(黒本)が一番使いやすい問題集である。そのため、最初に使用するか最後に使用するかのどちらかのタイミングで使用している。この差は、共通テストレベルの問題集に取り組める時期である。高校2年生までに取り組めるなら最初に持ってくるが、高校3年生になって取り組めるなら最後に持ってくる参考書である。もちろん、問題の中には難しい問題も出題されている場合もあり、共通テストより若干難しく感じるがイレギュラーの問題が少ない。(*共通テストの方がイレギュラーな問題が出題される)

駿台(青本)は河合塾の問題と同レベルの内容と解説である。ただ、問題としては掲載されている問題が同じの場合が多い。そのため、研究用に毎年購入していると内容が同じやん!と思ってしまうことがあった。そのため、実際の昨年度の模試と違うことから優先度は河合塾より低い。最も使用している方法は大問ごとに学習させる教材として使用している場合が多い。

東進の問題集は、問題文や解説を見ていても内容的には基本的な問題が網羅されている。そのため、可も不可もなく取り組める教材である。ただ、東進は模試の受講生が少ないことからデーター不足の可能性がある。一方で、基本を押さえた内容なので、大問毎に取り組ませるか一気に取り組ませるかのどちらかである。

パターン的には、上図の様に使用するパターンが多いです。もし時間がない時は大問毎の箇所をなくします。

「大幅減量」ダイエットTV番組でエルセーヌがサポート

代々木とZ会の問題集の取り扱い方

案外、取り扱いが難しのは代々木とZ会の問題集である。

代々木に関しては、癖がある問題も出題されることが多いのでイレギュラーな問題に対応する力を身につけることはできるのですが、実力をつける段階では避けた方が良いでしょう。白本を使用する際には大問毎に使用して苦手な科目を取り組ませていくことが有効でしょう。また、実際に共通テストの問題が解けるかどうかの際に使用することもできます。

Z会に関しては、敢えて共通テストより難しい問題を設定しています。そのため、本番に効果的な学習が出来るかもしれません。ただ、内容が難しい問題が多いこともあり点数が大きく下がってしまうことがあります。そのため、共通テスト直前に取り組まない方が良いだろう。ただ、共通テストより難しいことを考えれば大問毎に取り扱った方が良いだろう。

【PR】関関同立・産近甲龍対策なら南茨木の学習塾春山

共通テスト形式の問題を取り組む意味

共通テスト形式の問題を取り組む理由に関しては、問題を慣れさせるために必要なことである。もちろん、私大希望者であれば高校3年生夏以降は必要ないかもしれないが、国公立大学受験者は共通テストで確実に点数を採らなくてはいけない。そのため多くの問題を解いて慣れさせておく必要がある。

特に、共通テストは時間との勝負になる場合が多いため問題演習で慣れさせることが重要です。特に迷走しているのが国語になります。国語の現代文は出題内容(資料関連)が定まっていない感があります。そのため、あらゆるパターンに対応するために国語は重点的に取り組んでいきましょう。

また、進研模試は高校生が受験する人が多い模試になります。ただ、学校受験であるため出版されていません。高校には冊子で届きますが…進研模試の問題があれば河合塾と同じぐらい重要な模試になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。