• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

共通テストの英単語を覚えるのに最短の参考書【進路・大学受験/高校生】

共通テストの英単語を身につける

はじめに

共通テストの英語を身につけるために最短の参考書を考えてみたい。国公立大学受験生であったり、入試までに時間がない受験生が最短で英単語を身につけることができる単語帳は何かを考えてみよう。

最初に受験計画を考える

国公立大学受験者は難関私大も併願先として受験する場合はしっかりと英単語を仕上げる必要がある。ただ、下図の場合には最短の英単語を覚えれて入試対策に望めばよいだろう。

狙いとすれば、共通テスト+地方国公立大学程度の語彙力を最短に学習する方法である。このレベルであれば中堅私大程度も合格できるだろう。ただ、日東駒専・産近甲龍程度の大学にも対応できるだろうが若干心もとない気もする。そのため、地方国公立大学を軸にしている受験生や理系の学生で英語の点数を最低限採りたい受験生向けの単語帳の紹介である。

あるいは、難関私大や中堅国公立大学を目指しているが、最初から分厚い参考書を取り組みたくない受験生が段階を踏まえながら学習しようとする際に丁度良い。ただし、デメリットは難関私大や中堅国公立大学を受験する際に参考書の書い足しが必要となりコスト面の問題はある。

あくまで、時間がない受験生が最短で共通テスト対策ができる参考書を選ぶという点は覚えておこう。

「アクエス」英会話スクールはなぜ効果的なのか?

アルクの『ユメタン』を使用して最短の英単語を身につける

アルクから発売されている『夢をかなえる英単語 新ユメタン1』『夢をかなえる英単語 新ユメタン2』の2冊で共通テストレベルの問題を解いていきたい。

2冊の単語帳であるが、合計の単語数は2000語程度なので他の単語帳を使用するよりも覚える量が少ない。そのため厳選された単語数を覚えることで済む。実際に、『ユメタン』で受験指導をしている先生を見ながら、語彙力が不足するのではないだろうかな?と思っていたのですが、共通テストでは想像以上に点数が採れていたことを考えれば2冊で十分仕上げることもできます。ただ、難関私大などでは語彙力不足が明確になるので共通テスト・地方国公立大学では丁度良い内容でしょう。

2冊の単語帳は本気で取り組めば2~3カ月程度で覚えることができます。合計2000語という数は非常に効果的に学習が出来ます。そして、重要になるのは熟語帳は取り組む必要があるかの点です。難関私大では必ず取り組む必要がありますが、今回は最短で共通テストレベルに追いつくことを目標としているので『スクランブル英文法・語法Basic』などのイディオムで学習すれば最低限の知識は身につくでしょう。そして、問題演習などでわからない箇所を抑えれば十分対応できるようになります。

今回は、あくまで共通テスト・地方国公立で合否ラインに追いつくための短期間勝負の方法です。余裕があるなら、もっと多くの語彙力を増やしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。