• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

近畿の国公立大学と私立大学の序列を考える【進路/大学受験】

大学の序列を考えてみよう

はじめに

今回は近畿の大学の国公立大学と私立大学の序列を考えてみたいと思います。もちろん、学部ごとに難易度も変わるだけでく、受験生の得意科目・苦手科目においても変わってきます。ただ、受験指導の際に頭の中にある序列を書いています。参考にしてください。

近畿の国公立大学の序列を考える

特徴的なことを言えば、京都大学と大阪大学が旧帝大の一角として地位を固めている。ただ、関西では京阪神大と一まとめで考えられている。実際に、2次の学力(記述問題)があるなら神戸ではなく大阪大学を挑戦することもある。逆に、2次の力がなければ神戸大学を勧めているように、旧帝大の壁には2次の学力次第である。

近畿の国公立で3番手の地位を築いていた神戸大学であるが、大阪府立大学と大阪市立大学が合併したことで大阪公立大学が誕生して様子が変わる可能性がある。大阪公立大学の学部により偏差値は大きく変わるが、上昇する可能性がある。ただ、神戸大学は「倫理政経」の受験が必要であり簡単に3番手の座は渡さないだろう。問題なのは、大阪府立大学を受験していた層の受け皿がなくなった点である。

以外に難易度が高い大学として京都府立大学と奈良女子大学である。京都府立大学は試験科目こそ少ないが、2次試験の難易度が高く京阪神大学を除けば2次の難易度は一番高い。また、日本で2つしかない国公立大学の女子大(*もう一つはお茶の水大学)である奈良女子大学は「倫理政経」を受験生があり、志願者数が増えているわけではないが受験科目の問題で受けづらい大学である(*神戸大学などを目指して方向展開は容易だが、大阪公立大学などを目指して奈良女子大学への受験は科目の問題で難しい)

そして、大きな学力差はないが教育系国公立大学が続いている。ただ、教員人気の低下や科目数が多いというデメリットはあるが得点率が低いこともあり合格しやすくなっている。しかも、最近は教員志望ではなくても進学している受験生も多い。場合によっては、合格したけど進学先は同志社大学を選択する受験生もいる。ある意味で狙い目になっている。ちなみに、兵庫県立大学は立地的な問題から他の3つの国公立大学より難易度は下がる。

難易度の難しいのは和歌山大学と兵庫県立大学である。和歌山大学の方は科目数が多いが、兵庫県立大学は科目数が少ない。そのため、住んでいる地域によって志望校を選択している。また、和歌山大学の後期入試で小論文で逆転合格を狙って合格したこともある。

神戸市外国語大学では多様な言語を学べることもあり人気があるように思えるが、国際系の学部が飽和状態になっている点もあり人気が伸びているわけではない。もちろん、狙い目の大学であり推薦入試を受験した際に志願者数が少なすぎるからと1次試験が無条件で合格になった際は飽きれたが…。それでも、外国語が得意な受験生には良いだろう。

滋賀大学、滋賀県立大学に関しては学部の特色から選ぶか地元志向が強い。一方で、奈良県立大学は3科目で受験できるため私大の勉強をしていた受験生でも合格できる可能性がある。大体、産近甲龍ぐらいの力で合格できるが、単科大学なので誰もが受けられる大学ではない。

以上の序列になっているが、あくまで個人的な観点で序列しているので学部ごとに難易度も違うことも知っていてほしい。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

近畿の私立大学の序列を考える

近畿の私立大学では、関関同立が明らな上位層として存在している。その中で、同志社大学がトップの地位を守り続けており志願者数の増減に関係なく難易度が徐々に上がっている印象である。立命館大学はキャンパス移動(茨木)など京都から離れる学部など大規模な改革をしているため学部によって難易度の増減に差が出ている。一方で、関西学院大学がやや弱くなっている印象である。入試改革で革新的な入試を目指したが逆にデメリットになった気がする。確かに、教育学部などは総合型選抜入試(旧AO入試)では低学力層(偏差値50未満)が逆転合格できるなど狙い目になっている。一歩で、関西大学は入試日程を変えて全学部入試を6回導入したことで難易度を上げることになった。関関同立では一般選抜入試が中心であるため他大学とは明らかに差が出ている。

次の枠は一般選抜入試だけでなく学校選抜型入試(旧公募推薦)の受験生も多い大学であり、近畿では入試問題が英・国の様に普通の学力試験であるため多くの受験生が受験している。このグループでは産近甲龍が有名であるが、近畿大学・龍谷大学が双璧となっていたが一時期の急激な難易度の上昇した時期とは違い最近は難易度が適正化に向かっている。合格を絞り過ぎた結果、歩留まり率が低下した(→補欠合格を多く出す)や受験者減を招いたこともあり最近は適正な難易度まで下がっている。一方で、京都産業大学は龍谷・近大の難易度上昇の際に受け皿として人気を集めた(立地が悪いが上昇)。甲南大学は相変わらずマイペースであり産近甲龍の中では一番受けづらい大学でもある。

メンズエステサロン エルセーヌMEN 【体験予約】

女子大グループに関しては知名度や就職に関してはブランドイメージが強くお得感が残っているが、入試難易度自体は下がっている。トップの同志社女子大学は学部ごとの差はあるが人気を維持しているが、京都女子大学・武庫川女子大学は受けやすい大学に変わっている。そのため、関関同立の滑り止めとして受験する場合が多いが、多くは近畿大学や龍谷大学の抑えとして受けている。

産近甲龍や女子大グループではない大学では、大阪工業大学は近畿では理系大学が少ないこともあり知名度以上の実力を持っている。また、佛教大学は最近は急激に難易度を上げており産近甲龍と何度が変わらない様になってきた。一方で、関西外国語大学などは国際キャリア学部(*1年間強制留学)の初年度は異様な難易度であったが類似学部が急増したこともあり難易度が低下している。11月入試では1教科受験ということもあり、問題自体は難易度が高いが運で合格する生徒もいることは気になる。また、京都外国語大学は低迷が続いているが関西外大の受験生のセーフティーネットとして一定水準は維持できている。

「これがエルセーヌだ!」エルセーヌのエステ体験行ってみた!【画像あり】

次の壁が学校選抜入試(公募推薦)と総合選抜型入試(AO入試)のどちらでも受験する人が多い大学です。中心となるのは摂神追桃グループですが受験者数の増減が大きく年度により難易度が変わります。そのため、合格しやすい年もあれば、合格しにくい年もあります。ただし、全体的に基本的な問題で出題されるため受けやすい大学になりあんす。

この辺りにいた大学では、大阪経済大学と大和大学が急上昇しているイメージがあります。大和大学は西大和学園の力もあるのでしょうが新設ながら力をつけている印象です。大経大はこれといった材料がわからないのですが難易度が上がっています。

さて、上図以外にも近畿には多く大学が存在しています。ただ、受験指導する際に総合選抜型入試(AO入試)や学校型推薦入試(指定校推薦入試)で合格を目指す方が効果的だと考えています。言い換えるなら、受験勉強をしなくても合格できる場合が多い。一方で、本当に受験勉強を頑張らなくてはいけないのは一部だとわかります。だからこそ、難関大学に合格することが意味あると言えるでしょう。

今回は、あくまで受験指導する際の個人的な感想を図にしています。状況に応じて色々と微調整をしています。そのため、あくまで参考にしながら見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。