• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【大学別入試対策】同志社大学の英語対策

同志社大学の英語対策

はじめに

志望校に合格するためには事前に入試問題の傾向を知っておく必要があります。必ず、出題傾向を知った上で入試対策をする必要があることを知っておいてください。

同志社大学の英語の特徴

関西私学のトップにある大学であり入試問題の難易度も高い。京阪神大などの難関国公立大学志願者が併願先に選んでいることもあり、倍率以上に入試難易度が高い。しっかりと対策をしていないと合格できない大学である。

大問内容
長文読解
長文読解
会話文(英作問題を含む)

同志社大学の英語の特徴は長文読解力が求められる点です。大問Ⅰと大問Ⅱに関しては文章量・難易度・出題形式に大きな違いがなく、800字程度の長文が2題あると考えれば良い。出題内容も語彙力、空欄補充、内容一致、下線部など幅広い問題が出題される。大問Ⅲの会話文に関しては空欄箇所を語群から選ぶ問題と下線部の英作が求められる問題である。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

同志社大学の英語対策

同志社大学の英語の難易度であるが、色々なレビューを見ていると標準的・基本的と書いているが実際には難易度が高い。実際に、同志社大学を希望していた受験生に「同志社大学の英語は標準的・基本的かだと思う?」と聞くと誰も同意はしない。そのため、同志社大学の英語は難易度が高く、しっかりと対策をしていないと対応できない。もちろん、60%程度までなら早い段階で到達できるかもしれないが、合格最低点を超えることは難しい。

全体的なバランスを考えれば、英語は合格最低点程度(英作文の出来次第で+α)、国語は点数を稼ぐ、選択科目は合格最低点前後の点数を採る必要がある。ちなみに、選択科目では「政治経済<日本史<世界史<数学」の難易度になっている。平均点調整があるため単純に点数を比較しない様にすること。

では、同志社大学の英語を難しくしている理由として「文脈の把握から英文を読む」「語彙力」の2点である。例えば、関西大学の問題などは本文を精読していれば問題が解ける場合が多いが、同志社大学の英語では文脈から単語を予想したり、内容を予想する力が求められている。客観的な判断で消去法を使用して文章を読み解く必要がある。この点は、どの受験生も苦手とする点であり、過去問演習をしていても消去法で解答している問題も多く自身が持ちづらいことが多い。

関連記事:『同志社大学の英語』難関大学の長文対策をするならを活用する

そのため、同志社大学を英語を攻略するために重要になるのは語彙力である。問題自体に語彙力の問題が出題されるため必ず覚える必要があるが、通常であれば『英単語ターゲット1900』で大丈夫だと思いたいが、最近の合格最低点の上昇を考えれば語彙力が不足していると考えられる。そのため、 『英単語ターゲット1900』 で取り組むなら派生語・類義語なども含めてしっかりと覚える必要がある。また、『速読英単語 上級編』『夢をかなえる英単語 新ユメタン3』など同志社大学程度の難易度の大学ぐらいし出題されない英単語を+αで覚えるのも良いだろう。

一方で、会話文に関しては語群は全問正解して当然の感覚でいよう。そして、英作文対策に関しては国公立大学志望者にとっては難しくない問題である。もし、私大希望者であり英作文対策が不足していても部分点は十分採れる内容である。

英文法に関しては、独立した英文法問題はないが、同志社大学を受験生するレベルの受験生なら仕上がっていて当然である。関西学院大学や立命館大学の英文法問題の中にあるレアな英文法問題は必要ないが、産近甲龍レベルの英文法程度はできていないと問題が解けないと考えておこう。

旺文社の英検対策問題集とCDがひとつに【旺文社 英検ネットドリル】

同志社大学の長文を考えた学習

同志社大学に関係なく、難関大学では長文読解問題が非常に重要になってきている。そのため、受験勉強を始めた頃から長文読解を中心に学習していることが効果的である。

長文読解には3段階あり、①300字程度、②500字程度、③800字程度の段階である。そして、800字程度になって初めて評論文的な英文が出題される。そのため、同志社大学の長文読解では文章の流れを理解しなくてはいけないため、早い段階で800字程度の長文を取り組めるようにしたい。共通テストは総単語数は多くても大問毎では文章の難易度が低いので、やはり私大レベルの800字長文は必要である。

長文読解を軸に学習すれば効果的な学習が可能なため、早めから長文を意識して解くようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。