• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

保護者必見!受験直前の子どもとの接し方【受験/中学生・高校生】

受験期の子どもの扱い方がわからない保護者へ

はじめに

中学3年生であっても高校3年生であっても受験が近づいてくると接し方が難しくなります。では、受験を迎えた子どもにどの様に接するべきかを考えたいと思います。

保護者の気持ちを受験生は理解できない

保護者は子ども受験で合格できるかどうか不安になります。そのため、親は本心から子どもの成功を願っていても子どもから冷たい反応が返ってくる場合があります。例えば、勉強を頑張っている子どもに「頑張れよ!」と言ったら、「うるさい」と返ってくる場合があります。そのため、保護者は子どもにどの様に接していいかわからなくなる場合があります。

では、まず理解してほしいのは「受験生は保護者のことを気に掛ける余裕がない」ことです。なぜなら、受験生自体も受験に成功するかどうか不安になります。そのため、保護者に対して気を遣う余裕がない場合があります。例えば、12月頃に保護者から連絡があり話の内容を聞くと「最近、子どもと話が出来ない。ピリピリしていて上手く会話にならない。少し言っただけで怒ってくる」と相談を受けました。そのため、この時期は仕方がない点と不安点を聞いてリラックスしてもらいました。そして、合格発表の後に卒業式で保護者にお会いした際に、入試が終わってからいつも通りに戻りましたと報告を受けました。

このように、受験生は保護者のことを理解する余裕はありません。だから、保護者が気持ちを理解しろというスタンスでは受験生の親子関係は悪化します。

映像×個別【大学受験ディアロオンライン】

受験生の親がやってはいけないこと

受験生の保護者が子どもに対して誤った接しかたがあります。よくあるパターンの間違いなので注意しましょう。

  • もっと頑張らないと(もっと勉強しなさい)
  • 良い結果を期待しているよ
  • あなたなら絶対大丈夫
  • そんなに頑張らなくてよいよ
  • 少し休んだら

これらの言葉はよくでる内容であるが、「頑張って」「大丈夫」などのポジティブな言葉でさえプレッシャーに感じるから嫌だという受験生がいます。一方で、「少し休んだら」「無理するなよ」など体調を気にするような発言でも頑張っているのに何でそんなことを言うのか!と怒る場合があります。

この様に、受験生にとって不合理な存在でありますが受験というストレスが原因にあります。そのため、言葉をかけるタイミングや内容などを吟味しないといけません。特に、受験が近づいてきた際に急に話しかけていくパターンが一番最悪です。そして、受験期間は保護者に積極的に関与して欲しくないと思う人も多いです。

では、子どもと保護者の接する際に重要なことは普段からの接し方が問題にあります。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

保護者も受験生と一緒に普段から考える必要がある

保護者は受験生のことを信じるのは良いが、放ったらかしになるのは駄目です。言葉にしなくても、子どもは自分のことを気にしているかどうか不安です。例えば、志望大学や学部以外に日程なども把握しているかどうかです。保護者が、こうだと決めつけると反発されますが知らなすぎでもダメです。

そのため、普段から進路について会話をしておく必要があります。いきなり、受験が近づいてから急に進路の話をするから反発されることも多いです。もちろん、保護者からすれば勉強しない子どもにイライラしてしまう点がありますが、それも受験直前までに解消しておくべき問題です。

そして、一番最悪なのは古い知識で受験生を惑わせることです。実際、「今年は志願者数が増えるから受けない方が良い」「この参考書を使用した方が良い」「この勉強法が良い」など古い情報や誰からか聞いた情報を信じて惑わせてくる場合があります。この行為も保護者の信用を失わせます。そのため、普段から進路について考えておきましょう。

アンリ・シャルパンティエ公式オンラインショップ

ストレスがたまった場合は?

そうは言っても受験生を持つ保護者はストレスが溜まるものです。そのため、受験生に当たりたい気持ちもわかるのですが、それが一番問題がある行為です。そのため、ストレスが溜まった際には相談できる教員や友人が必要でしょう。

ただ、教員に相談する場合は相手のことを考えて相談して欲しい所です。ただ、本当に悩んだ際は子どもに当たる前に教員に相談するのが良いでしょう。もちろん、忙しくない時期や時間などを考えて短時間なら問題はないので気楽に連絡すのも手です。やはり、一番困ったのは面談ではなく、突然の電話で1時間~2時間愚痴を言われても対応しきれません。それが、夜10時頃ならどうしますか?やはり、最低限の配慮は欲しいです。ただ、面談などで後ろがいないときに最長で3時間30分もしたことがありますが、予定では30分程度ですが、ただそれでも負担がなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。