• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

オープンキャンパス(オープンスクール)の落とし穴【進路/高校・中学】

後悔しない学校選び

はじめに

オープンキャンパス(オープンスクール)に参加する中高生が増えていますが、でも見落としている点も多いと思います。では、今回はその落とし穴について考えましょう

オープンキャンパスの参加率

まず、高校生の平均的なオープンキャンパスの参加校は平均で3.9校であり、高校1年生の段階で47.3%、高校2年生の段階で71.5%とかなりの割合がオープンキャンパスに参加している。最近は高校での夏季休暇中の宿題として課している場合もあり、積極的にオープンキャンパスに参加することが当然となっている。また、保護者の参加率も年々増加しており、子どもだけで進路決定が出来ない状態になっている。中学生に関しては正確なデーターが存在していないので、はっきりとした割合はでませんが、かなりの中学生も高校で実施するオープンスクールに参加していると考えられます。

そのため、最近の教育ではオープンキャンパス(オープンスクール)に参加して当然という状況にあっている。

エルセーヌの大幅減量ダイエット

オープンキャンパス(オープンスクール)の本質を考える

オープンキャンパス(オープンスクール) は大学や高校では受験(入学)を促すために実施していることもあり、当然つくられた姿が描かれています。

実際に、私自身もコース別の担当者であった場合に中学生の前で話をする生徒は比較的明るく積極的に話せる生徒を前面に登場させています。話すことが苦手な子達は誘導や案内などで働いてもらいました。この様に、普段の姿とは違うのが オープンキャンパス(オープンスクール) になります。

ただ、実際には良い子良い子するのが胡散臭くて嫌だったので、アドリブで話をさせていきました。よく、出来上がった台本を読んでいる在校生がいますが決して本音に思えません。そのため、校内案内の際などに在校生に「食堂で美味しいメニュー何?」や「校長先生はどんな人?」や「先生ってどんな感じ?」など無茶ぶりをして話をさせました。そうすると、本音の部分を話してくれて楽しめます。

例えば、「○○高校の先生はどんな感じかな?」と話を振ると、驚いた感じで(アドリブのため)「話を聞いてくれる先生や面白い先生が多いです。中には変な先生もいます」と言うなど本音が聞こえます。そのため、人前で話している在校生の言葉より、案内中や何気ない会話の中で学校の本音を探るのも良いでしょう。

でも、全体の前で話す際にも大学の説明会などでは学力や学校の雰囲気により大きく変わってきます。選び抜かれた在校生でこのレベルかぁと思えることもあります。

また、 オープンキャンパス(オープンスクール) でさえ飾れない学校も危険ではないでしょうか。以前、国公立大学のオープンキャンパスに参加した受験生が志望校を変えると言いました、理由を聞くと、オープンキャンパスがあり高校生が多く来校するるのにクモの巣がはった状態で掃除ができていない点に失望したとのことです。つまり、きちんとしなくてはいけない時でさえ、しっかり出来ない学校は普段も適当だと考えたみたいです。

この様に、 オープンキャンパス(オープンスクール) では本当の姿を見ることが出来ない場合が多いです。

ドメイン取るならお名前.com

良いことばかりを信じすぎない

説明会で話される内容は良いことばかりが述べられています。もちろん、まったくの嘘ではありませんが話を盛っている場合も多いです。例えば、成績が伸びたと言うなら全体なのか1部なのか下がった生徒はいないのか?など全てを語っているか良い部分を語っているかで変わります。

もちろん、どの様に素晴らしい学校であっても全員が幸せなわけはありません。やはり、後悔している在校生もいるでしょう。学校の制度は面白くなくても友人が良ければ学校生活が楽しくなります。そのため、良いことばかりに注目するのではなく、自分自身がどの様に適応していくかを考えましょう。

例えば、大学でキャリアセンターが就職活動を熱心にサポートをしていますと熱く語られてもキャリアセンターを利用しなくても自分の力で就活するよと思う人もいるでしょう。学校に期待するのは仕方ありませんが、期待しすぎるのではなく自分自身がどの様に生活するかを考えましょう。実際、本当に必要な点に関しては質問できなかったり説明されないことが多いでしょう。例えば、一般入試の受験生が高校3年生の冬以降は受験勉強を専念しても良いかどうかなど聞けない内容ですが重要な話になります。以前、ある高校では国公立大学受験者のモチベーションを下げない様に私大受験者に対して1月の自由登校の際には座席を失くしていたケースがあります。この様にオープンキャンパスではわからない隠れた部分はあるのですが、これらは在校生と雑談の中で気づけます。

ただし、最近は高校ごとの掲示板を活用して質問する人も多くいます。でも、解答している人は皆が親切心なのでしょうか?中には荒し目的で書いている場合もあります。また、極端な意見を書いている場合があります。そもそも、掲示板に返答してくれる在校生も一部の人間です。そのため、あまり掲示板の意見に左右されない様にしましょう。実際、在校生が書いているというより外部の人間?もしくはかなり昔の卒業生?と思うことがあったり、これは教員が書いているのでは?と思えるようなことも多いです。結果、掲示板から本当のことがわからないなぁと感じました。

以上のことから、良いことばかりを信じるのも問題ですが悪いことばかり信じるのも問題です。オープンキャンパスは良いことを言い過ぎている感はありますし、掲示板は悪いこと(文句)の方が多いことがあります。ただ、実際の学校を訪れることで、そこに通う自分の姿をイメージできれば良いのではないでしょか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。