• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

国公立大学に合格する受験生と私立大学に変更した方が良い受験生【受験・高校】

国公立大学を粘れる人と粘れない人

はじめに

国公立大学を目指していたが私立大学に変更するかどうかで悩んでいる受験生が多い。私大への変更が逃げていると思っている受験生も多い。そのため、どの様な受験生が国公立大学を狙った方がよく、どの様な受験生が私大へシフトしたほうが良いかを考えてみよう。

国公立大学を目指す非効率な受験生

学校・予備校の方針や本人の意思などで国公立大学を目指している受験生を何度も見たが、非常に非効率的な勉強をしている場合が多い。端から見ていても、国公立大学に合格できないのにと思えるのに国公立大学向けの勉強をしているのだ。もちろん、私立大学で良い大学に行けるなら良いが、多くは国公立大学の勉強を優先しすぎたことで私立大学は下の方の大学に行く場合が多い。

確かに、国公立大学は最近は合格しやすい状態になってきた。しかし、それでも難易度が依然として高いが難関私大も片手間で合格できるレベルではない。このことからも、国公立大学を目指すのか難関私大を目指すのかを明確に分ける必要がある。

余談であるが、国公立大学を合格すればよいと考えている教員も多く地方国公立大学に合格して喜んでいる担任もいる。ドヤ顔で言っているが、実際に進学しない場合や他の大学が落ちたから仕方なく進学している子ばかりである。そりゃ、東京や大阪などに住んでいる高校生が地方国公立に行く理由は何?明確な目標もなく国公立大学だから進学している場合もある。

このように、何となく国公立大学を目指すのではなく、しっかり基準を持つことで方向転換を促すべきではないだろうか。

お名前.com

数学の壁に苦しむ受験生

国公立大学を目指すことをやめた方が良い受験生は数学が苦手な受験生である。国公立大学の多くは数学ⅠAと数学ⅡBが出題される。それにも関わらずに一向に数学の成績が上がらない受験生がいる。この場合は国公立大学の受験より私大へシフトしたほうが良い。

以前、国公立大学を目指している割に数学の成績が一向に伸びていない高校生を見た。伸びない理由に数学の演習量が明らかに少ないのだが、演習量を増やそうとしない。その割には国公立大学に行くと言っている。これは、同じように理系を志望する高校生にもあり、数学ができないのに理系と平気で言っている高校生がいる。

実際の目安は高校2年生10月の段階で数学ⅠAが共通テストレベルで60%に到達していない限り方向転換すべきである。もちろん、他教科に得意科目がある場合などは時期を遅らせても良いが、目安としては高校2年生の10月段階でしょう。なぜなら、数学ⅠAは難易度が低くて数学ⅡBは難易度が高い。そのため、数学ⅠAでさえ点数を採れない受験生が数学ⅡBを仕上げることは困難である。さらに理系であれば数学Ⅲまで仕上げるから途方もないことである。それにも関わらず、高校3年生段階でも点数が伸びないのに相変わらず国公立・理系を推し進める教員もいる。ただ、10人に1人成功するかもしれないが9人は失敗するだけである。

例えば、高校1年生段階で模試の成績などを考えて理系は難しいと判断していた高校生がいる。それにも関わらずに生徒の理系に進みたいと言う言葉を鵜呑みにして高校2年生段階から数学Ⅲの補習(数人)を実施するなど好待遇で指導していた。しかし、明らかに本人の勉強量が少ないこともあり模試の成績が一向に上昇しない。高校3年生の第1回模試でも数学ⅠAが50%・数学ⅡBが30%程度と絶望的だが本人も担任も何とかなると考えていた。結果、10月模試では両方とも30%台という理系国公立を目指すにはありえない数字になっている。

このように、国公立大学を受験する際にも理系を選ぶ際にも基準を設けておこう。2年間勉強して点数が伸びない科目が数か月で伸びるのは幻想である。

ただし、逆転合格できる受験生もいるが、それは伸びる原因が明確な場合である。そうでないなら、変に無理せずに難関私大に変更したほうが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。