• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

高校選びは安易に専門課程・コース選びをしない方が良い【高校・中学生】

進学後のことも考えて高校選びをする

はじめに

最近の高校では普通科が減少傾向にあり、何かに特化した専門課程やコース選びが可能となった。昔であれば、商業高校や農業高校、工業高校であったが最近では、〇〇コースなど普通科でも特色がある教育が実施されている。でも、本当に高校選びとして良いことなのか?高校卒業後の進路選択は大丈夫かを考えてみよう。

専門科と普通科の違い

高等学校では必履修科目を習得しないと卒業が認められませんが、その必履修科目は5教科では現代の国語(2)・言語文化(2)・地理総合(2)・歴史総合(2)・公共(2)・数学Ⅰ(3だが2まで減らせる)・英語コミュニケーションⅠ(3だが2まで減らせる)になります。( )内の数値は単位数であり週何回授業があるかになります。すると、5科目の必履修科目を足すと14単位~16単位になります。そうすると週5日6時間授業の高校では1年間で30単位あると考えられます。と言うことは、高校1年生の間で必履修科目を全て取得することができます。

意外かもしれませんが、数学Ⅱを受けなくても問題ありませんし、英語も2単位だけでも問題ありません。ただ、実際に卒業するまで必要な単位数が決められていることから自由に選択できるわけではありません。

では、必履修以外で必要な単位数はどの様に決まっているのでしょうか?基本的には文科省が設定する科目で決められています。そのため、数学Aや英語コミュニケーションⅡなどの授業があるのですが、ここで注意が必要なのは専門学科と普通科の違いです。専門学科は工業科・国際科・商業科・農業科で代表される学科であり、普通科では〇〇コースなどの名称で使われています。その大きな違いは授業の内容です。

普通科は学校設置科目としてオリジナルの科目を3年間で20単位まで認められています。一方で、専門学科は20単位を超えて単位が認められます。そのため、専門学科の方が深く学べますが、普通科でもオリジナル科目があるため楽しいこともあります。

では、何が問題なのでしょうか?

【PR】南茨木の少人数制授業を展開する学習塾春山

進路変更が難しくなる場合がある

進学を意識したコースであれば問題はありません。中には、課題研究という学校設置科目をつくっていながら実質自習(受験勉強)に費やしている時間もあります。しかし、進路変更が難しくなることもあります。

例えば、ある商業高校のカリキュラムでは日本史B・世界史B(日本史探求・世界史探求)の授業がありません。数学Ⅰは必履修でも数学Ⅱは選択科目になっていることもあり私立大学でさえ難関私大(3科目受験)は絶望的になります。そのため、高卒就職か中堅私大か学校外で頑張るしかありません。もちろん、専門学科推薦で難関私大に合格した生徒もいますが…進路変更は難しくなります。

でも、国際科に進学したから英語の実力が伸びるわけでもありません。偏差値60程度の高校では国際科に進学した後に英語嫌いになった高校生が多くいます。宿題や予習がけた外れに多くなるのが一因です。一方で、国際科に在学していた受験生が「私には英語しかないから…」と言ってきたことがあります。学校内でも成績上位者ではありましたが、センター試験形式の模試で120点程度(得点率60%)のため「英語は苦手かもしれないが得意でもないよ」と返答しておきました。この様に、専門学科に進学しても専門性を高められない場合もあります(資格系は検討しているが)

一方で、普通科のコースに関しても保育・美術・漫画など最近人気のコースがありますが学校によっては私大3科目受験は困難な場合があります。そして、国公立大学進学は自力以外望めない場合があります。高校はコースの独自色を出そうと学校設置科目の楽しさをアピールしますが、実際に入学した後に授業は楽しいが進路は狭まる可能性があります。

特に、保護者が注意しないといけないのは高校卒業後の進路も考えて高校を選択しているかです。

例えば、美術系のコース・専門学科に進学するなら半分以上が美術系の大学や専門学校に進学します。美術系に関しては学費の高さや就職率の低さ(就職をしない選択をする学生が多い)がネックになりますが、その道に歩み始めたと考えてください。途中で進路変更をすればよいと考える人も多いのですが、カリキュラムの問題から学校外で受験勉強をする必要があり、コース独自の取り組みが受験シーズンもあることが多いです。結果とした、中堅私大などに進学する場合が多いです。最近流行の漫画関係であれば、声優関連の専門学校に入り東京のプロダクションに行く可能性を考えなくてはいけません(プロダクションに入所しても給与がない場合が多い)。そのため、万一、進路変更が可能なのか、それとも子どもの意見を尊重するのかを考えておく必要があります。

一方で、受験関係のコースであれば方向転換が可能な場合が多いです。でも、最近の流れは普通科を避ける場合が多いのですが中学生が高校卒業後・大学卒業後の姿を想像できるのでしょうか?覚悟がない限りは普通科も良いと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。