• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【中学3年生】中学生英文法講座「現在完了形2」

はじめに

中学生英文法を基礎から応用まで解説をしています。授業等で使用した内容なので例文は省略されていますが、英文法を理解するには丁度良い難易度の内容になっています。step upでは高校範囲の内容も書かれているので、余裕がある中学生は覚えておいても損はありません。

英語講座一覧ページへ

解説1

現在完了形の最後の用法は完了用法で「~したところだ/~してしまった」の意味になります。過去形と同じような意味になりますが、上記の単語を使用することで完了したことを強調して言いたい時に使用します。例文を使えば「I finished my homework.」と書けば「私は宿題が終わった」の意味になり同じような意味と感じるかもしれませんが、いつ終わったのかはわかりません。また、「I have already finished my homework.」にすれば、「いつ終わったか」は不明ですが「既に終わっている」という点を強調できます。

そのため、文章の書き手によって使われ方は変わりますが現在完了形の完了用法があるということを知っておきましょう。

解説2

現在完了形の否定文や疑問文では「don’t」や「doesn’t」「didn’t」は使用しません。haveを使用して「have not」やhaveを文頭にもっていって疑問文をつくります。注意が必要なのはdidn7tなどを使用すると動詞原型に戻しましたが過去分詞(p.p.)はそのままです。

解説3

現在完了形は進行形や受動態にすることもできます。その場合はbeenを使用しますが「have been Ving」は進行形、「have been p.p.」は受動態になります

解説4

現在完了形とセットで使用されることが多い慣用句が上記になります。これは覚えるしかないと思うのでしっかりと覚えましょう。やはり注意が必要なのは、「How long」などで質問されているから間違っても「Yes/No」で返答しないようにしてください。通常と同じ疑問視の返答をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。