• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

AO入試(総合型選抜入試)の方が学力が高いと早稲田大学・東北大学通りに考えられえる?

はじめに

AO入試(総合型選抜入試)は学力を必要とせずに多面的な方向から合否を決める入試である。一方で、学生の青田買いにも繋がっており、十分な学力がないにも関わらず大学にいけるケースも多い。以前、大々的に調査された時はAO入試の中退率15.5%(一般入試5.9%)と問題点も浮き彫りになった。しかし、最近は総合型選抜入試(AO入試)を積極的に行っているだけでなく、入学後の学力が高いと言われるケースも多い。では、本当かどうかを考えたい。

GPA(成績)は信用できるのか?

学力が高いか低いかの論争の際に疑問に思うのがGPAの扱いである。GPAが高い=学力が高いには決して結びつくことはない。

例えば、高校生で考えればわかる。「評定平均4.5と評定平均3.0のどちらが学力が高いと言えますか?」…。実は、これだけでは学力が高いか低いかはわからない。少なくとも評定平均4.5の高校生の方が授業などは真面目に取り組んだのだろうと推測でいるが、学力が高いにはならない。要は、進学校と教育困難校では学習している内容・難易度が最初から異なっている。そのためGPAが高いからと言って学力が高いことにはならない。

それなら、同じ高校で評定平均5.0と3評定平均3.5なら学力差ははっきりしているかと言われれば違う。実際にあったのだが、評定平均5.0の高校生はFランクの大学に進学しており、評定平均3.5の高校生は難関大学に進学している。結局、授業レベルのことをしっかりした(=ただし、授業レベルだけのことしかしていない)と授業を優先したより受験を優先した(=無駄な作業的な宿題は未提出)差である。

ちなみに、大学では卒業に必要な単位数が違うこともあり、学生によって有利不利はある。私自身は教職関係の問題で3年生が終了段階で184単位(フル単)になっており、後はゼミと教育実習関連の状態にしていた。卒業時は学部生1000人ほどいたが順位は400位ぐらいだったが、単位数・授業内容を含めて同じレベルではない。また、同じ大学であっても卒業生のGPAを聞けば学部によって有利不利がある。それなのにGPAを持って学力の優劣を判断するのはどうだろうか?

そもそも、学力を除く多面的な学生を評価しているはずが入学後は成績で優劣を決めるのはおかしいだろう

そもそも、海外の大学と比較してGPAの優劣を論じる場合があるが、アメリカなどは奨学金の問題もありGPAを高くするために必死に勉強している学生が多い中での評価である。では、日本の学生は必死に勉強しているのだろうか?授業への出席率は高くなったらしいが、相変わらずアルバイトや恋愛、サークルなどにも力を注いでいるのが現状である。それは決して悪いことではないからこそGPAだけで判断できるかは謎である。

ちなみに、早稲田大学などAO入試で入学した生徒の方が成績が高いとよく言っているが全国的には?そして、2014年の調査によるが一般入試中退率3%に対してAO入試中退率5.4%の問題も残る。

教育現場からいえば…

教育現場から言えば、学力がない高校生はAO入試(総合型選抜入試)で合格させるが基本路線である。

問題となってくるのは、難関私立大学・国公立大学であるが不合格の可能性が高い入試である一方で出願書類など対策に準備もかかる試験である。一般入試で合格が狙える子なら勉強させる方が良い場合も多いが、金銭的な余裕があるならダメ元で挑戦させる場合多い

一般入試では合格できない受験生が10人受験して1人~2人合格すれば儲けものでしょう。実際に受験した生徒の中には1次試験が志願者数が少ないため免除(全員合格)となった国公立大学もある。模試では主要科目で得点率40%程度なのに難関私大に合格するなど通常では考えられないことがおきる。

実際に、学力はないけど入学意欲ややる気を考慮した入試と言いながら、合格後に入学までに課題が送られてくるケースも多いことを考えれば「やる気」など感じられない…。

実は、AO入試(総合型選抜入試)は教育現場ではデメリットも大きく、勉強してなかった受験生が早い段階で難関大学に合格することで他のクラスメイトとの空気を悪くする場合もがある。さらに、もし不合格だった場合にワンランク下げた学校ではなく、ありえないぐらい下げた学校しか行けない場合もある。

AO入試(総合型選抜入試)の問題点

AO入試(総合型選抜入試)に関しては、大学入学後の学習意欲などを評価するなら受験勉強を頑張れば良いのでは…と思う点はあるが、まず1番の問題は入試時期である。早稲田大学などでも9月上旬に出願が始まり、10月~11月に試験が実施される。要は、一般入試や公募推薦入試を受験する前に受ければラッキー程度で受けれることが問題である。しっかりと趣旨をもった入試であれば一般入試と同時期でも問題ないのだが、この時間のズレが青田買いにつながる。そのため、一般入試と同時期であれば総合型選抜入試の意味はあるが現在の日程では早めに受験者を確保したいだけに思える。

2つ目に公平な試験とは言えない点である。それなりの大学では1次試験・2次試験に分かれて入試が1実施されているが、1次試験が書類審査の場合も多い。同志社大学で言えば、「志望理由書1000字」「自己アピール500字」「エッセイ2000字」などかなりの分量になっているが…ここに疑問がある。

2021年の合否結果では文化情報学部は志願者数85名→1次試験合格者35名→2次試験合格者16名であり、大事なのは1次試験を通過すれば半分の確率で合格する可能性がある点である。小論文、面接審査、プレゼンテーション審査等になるが、そもそも書類審査は生徒1人で取り組みますか?もちろん、手間暇かかることを考えれば教員は難しいかもしれませんが、外部に頼む場合もあるでしょう。共通テストでカンニング依頼をするぐらいですから書類も書いてもらっていてもおかしくありません。極論でいえば、受験生が同じ土俵で戦っていない点が気になります。もちろん、誰かに指導してもらえるような人材であることも大事ですが…。

最後に、高校生の青田買いをしている点です。入試時期を遅らせれば問題ありませんが現状のスケジュールでは、早めに大学を合格しようと考える高校生を増やしていると言えます。頑張れば東大に行けるかもしれないけど…もう早稲田大学なら良いだろう等を考えます。そのため、中堅以下の大学では公募推薦や一般入試で入学する生徒が極端に少ない場合もあります。

実際にAO入試入学者は困るのか?

まず、大学の授業に関しては通常講義はそれほど問題ないでしょう。大学を経験した皆さんも思うのは、本気で授業を受け教科書を熟読した経験は少ないでしょう(*教科書を買わない人も多い)。そのため、講義を聞いていれば理解できる内容も多く学力差はでないでしょう。

ただし、語学に関しては大きく差が出ます。ただ、最近が入学前に試験を実施することで学力別にクラス分けをしている大学が増えている様に、この点も無理なく乗り越えます。

そのため、大学では学習面では大きな差がでないでしょう。ただ、大学受験に取り組んできた大学生は事務処理の応力に長けていることが多いです。企業で働いたことがあればわかりますが、プレゼン能力など1年目では必要としません。それより、日々のルーティンワークの中で作業をしていきます。マニュアルや仕事方法など読んだり聞いたりした内容を自分の中で咀嚼して理解していかなくてはいけません。この様な力は一般入試を経験した大学生の方が強い感じがしますが、それも単なる印象でしかありません。

そのため、入学してしまえばAO入試だろうが一般入試だろうが関係はないでしょう。ただ、大学の研究職としての地位は揺らぐ可能性があります(長い目で)が、合格しやすい入試方法なら高校生に受験させるのも1つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。