• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【中学2年生】中学生英文法講座「過去形③過去進行形」

「過去形③過去進行形」

はじめに

中学生英文法を基礎から応用まで解説をしています。授業等で使用した内容なので例文は省略されていますが、英文法を理解するには丁度良い難易度の内容になっています。step upでは高校範囲の内容も書かれているので、余裕がある中学生は覚えておいても損はありません。

英語講座一覧ページへ

解説1

現在進行形と過去進行形ですが、現在進行形は現在に起きていることに対して使用します。「be動詞+Ving」で現在進行形でしたよね。復習になります。そして、過去進行形は過去に起きたことを意味しますが、過去の話で過去形を使用しますが過去形にする場所はbe動詞の部分です。つまり、「be動詞(過去形)+Ving」で過去進行形になります。間違っても一般動詞の場所を過去形にしないでください。似てはいますが、単純な違いなのでわかりやすいのではないでしょうか?ここh、しっかりと覚えてください。

解説2

疑問詞と過去形のセットですが、疑問詞の後に疑問形にすればよいのですが、単純に過去形の疑問形を使用すれば過去形の疑問詞が出来上がります。上記を確認してもらえば、今までに学習した内容を再度組み合わせただけの内容になっています。そのため難しくはないでしょう。

さらに復習で過去をあらわす単語もセットで記載しているので復習をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。