• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

【大学別対策】同志社大学の入試対策「日本史」

同志社大学対策

はじめに

関西私立大学のトップに君臨する同志社大学は京阪神大などの併願者も多いことから志願者倍率と比べて難易度は高めである。全体的に偏差値が68~74と高めになっており、一般入試では500満点中の360~370程度が合格最低点ラインである。もちろん、得点調整後の点数のため実点数で高得点をとらないといけない。

関連記事:【進路・受験情報】大学受験では得点調整により合格最低点を勘違いする場合がある

結果として問題の難易度なけでなく、得点率の高さを要求されるのが同志社大学である。では、今回は同志社大学の日本史対策に関して書いていきたい。

大学別入試対策のページ

同志社大学の日本史

問題構成は大問Ⅲから構成される問題であり、大問毎に配点は異なっているが150点満点の問題である。日本史は選択科目であるため、世界史・数学・政治経済の間で得点調整が実施されています。ただ、問題となるのは3科目の中で1番難易度が高い内容になります。ただ、得点調整を考えれば日本史が不利になることはないですが、漢字間違いなどのミスはなくしましょう。

関連記事:【進路・受験情報】大学受験では得点調整により合格最低点を勘違いする場合がある

目安としては110点~120点(*150点満点)は最低限クリアするようにしましょう。京都大学・大阪大学・京都府立大学志望者なら120点以上もとれるでしょうが、それ以外は難しいかもしれません。それより、英国の点数を仕上げた方が良い場合もあります。それぐらい難易度は高い問題です。

同志社大学対策は必要

全国マーク模試で偏差値が80以上(*全統なら70以上)があったとしても同志社大学の問題が解けるわけではありません。関西大学の日本史が8割前後の得点率でも解けない場合があります。実際に、そのレベルの受験生が同志社大学の問題では60~70点程度(150点満点)しか採れないケースがあります。ただ、対策をすれば問題はありません。

まず、語句を書かなくてはいけない問題が多いので漢字ミスや凡ミスをなくすことが大事です。ちなみに、日本史は語句を書く問題より記号問題の方が難しい内容があります。そのため、語句記入問題は難問題もありますが、解ける問題は確実に解けないといけません。そして、リード文が長いため解答に導くヒントを見つけられない場合があります。そのため、問題に慣れる必要があります。

では、同志社大学の問題を解くために必要な知識は基本的な内容を理解している前提で取り組んでください。まず、3年分の過去問は必ず解いてください、類似問題も多く出題されているので同志社ならではの問題も解くことが出来ます。実は、これを取り組むかどうかで得点率が大きく変わります。そして、出題されそうな内容に関しては関西大学の問題が参考になります。関西大学の語群などで馴染みのない内容が同志社大学の問題でも出題されるケースがあります。また、【日本史応用問題01】難関国公立大学・早稲田・慶應・同志社・立命館対策「旧石器時代~室町時代」など同志社大学むけに作成されている難問だけの問題を解いてもらっても効果的です。

遅くても高校3年生夏からは確実に過去問対策を取り組めるように受験計画をたてましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。