• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

英語外部試験の見込み点(みなし点)は受験生に有利だが不公平にも感じる(高校入試・大学入試)

受験負担が変わる

はじめに

英語外部試験が一般的に導入されている。大学入試だけでなく、高校入試でも活用されている。受験生にとって非常に便利な試験ではあるが小中一貫校・進学校有利の入試かもしれない。どの辺に不公平を感じるかを説明していきたい。

英語外部試験の見込み点は正しいのか

英語外部試験の見込み点が正しいとは言い切れない。例えば、大阪府立高校では英検2級で見込み点が80点ある。そうすると大阪北摂のトップ校である北野高校の英語外部試験利用率が約8割もあり、本番のテストで見込み点の80点を下回ったのは80.7%もいる。つまり北野高校に入学する生徒の多くは見込み点の方が実際の点数より高いことになる。そう考えると見込み点が高すぎないだろうか?

そもそも、見込み点が確保できるなら英語の勉強を続けるだろうか?それより4科目に集中して勉強した方が効果的になるのではないでしょうか?つまり、英検未保有者は5科目の勉強をして英検保有者は4科目の勉強で良いことになります。もちろん、早めに勉強した生徒が有利なのは良いのですが、半月前の学力を評価されても…そして偶然受かった場合もあります。北野高校の例からわかるように実際の点数と見込み点が半々なら問題はないのですが、現在は見込み点の方が高い印象があります。

経済格差が高校入試でもある

英検は6000円~8400円と試験料はそれなりに高いです。そもそも準会場が認められている試験を高校入試や大学入試に活用するのはどうなんでしょう?共通テストでさえ不正があったのに…。まぁ、それは別として単純に年間で3回の検定で受かれば良いだけです。そのためダメ元で受験して受かればラッキーと考えても良いでしょう。でも、対策を含めて高額になるのはわかりますよね。もちろん、受かればいいなら英検以外も受験して合格を狙うという方法もあります。

実際に共通テストで英語外部試験が利用されるかもしれない際に受けまくれば良いのでは?という考えがありました。このことからも経済力がある方が英検対策も含めて有効に思える。

個人的には英語外部試験は不公平感はあるが、合格を狙うなら使わない手はないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。