• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

ベネッセのGTZ(学習到達度)は学力指標として有効か?

GTZ(学習到達度)について考える

はじめに

ベネッセが実施するGTZ(学習到達度)は進研模試・スタディサポート・進路マップなどで採用されてる指標である。では、このGTZは学力の指標として有効と言えるのだろうか?

偏差値とGTZの違い

偏差値は簡単に言えば平均点が偏差値50になるため、問題の難易度や受験層によって異なる。そのため、幅広い学習層が受験する進研模試の方が河合塾や駿台が実施する模試より偏差値が高くなる理由である。一方で、GTZは学習到達度のために平均点や受験者層が違っても受験生の数値は変わりません。そのため、自分の学力を見直すことができます。

偏差値が当てにならない理由の1つに、模試の平均点が低すぎるためです。これは進研模試だけでなく、全統模試などでも言えることですが、平均点が低いことから偶然数問正解すれば偏差値が一気に上昇してしまうことがあります。そのため、GTZの方が高校前半の学力把握には丁度良いかもしれません。

ちなみにGTZはS1、S2、S3、A1、A2、A3、B1、B2、B3、C1、C2、C3、D1、D2、D3の段階に分かれています。進路マップなどではDゾーンでは+-に分かれています。

GTZから考える学力

GTZがB以上の数値を出している高校生であれば受験勉強を真面目に取り組めば難関大学に合格できる力があるでしょう。近畿大学程度でA3の学力は必要ですが、Bゾーンの学力があるならA2の関西大学を狙えるでしょう。Cゾーンであっても受験勉強のやり方次第では狙えます。

一方で、苦労するのがDゾーンです。D3であれば絶望的な学力と言えるでしょう。ただ、小学生・中学生範囲から学習の見直しをしながら受験勉強をしていくならA2まで上げることも可能でしょう。ただし、本人の学習意欲と勉強方法が問題であるが、学力を上げることが可能である。

そのため、高校1年生・2年生段階でBゾーンであればMARCHや関関同立レベルの大学に進学できる可能性は高い。また、Cゾーンであれば何かの受験対策をすればMARCHや関関同立レベルの大学に進学できるが何もしなければ中堅私大でも一般選抜では危なくなるでしょう。

大学受験まで目標が遠くて勉強する気がでないならGTZを上げるための勉強をするのも良いでしょう。

お名前.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。