• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

高校入学後に授業難易度が上がる理由を英語の単語帳から考える

語彙力から見える学力

はじめに

高校に入学後に授業の難易度が中学時代と大きく変わったと感じる高校生も多いのではないでしょうか?中学時代は定期試験対策も簡単だったにも関わらず、高校では思ったより点数が伸びないことを経験したことはありませんか?今回は単語帳から中学英語と高校英語の難易度を考える。

英単語帳から考える

中学生で英単語帳を使用しているケースも少ないかもしれませんが『高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800』から中学英語を考えてみましょう。この単語帳は6つのレベルに分かれており合計1800語が掲載されています。全ては「I」や「that」があるように難しい単語ばかりではありませんが…。公立高校ではレベル2(800語)まで覚えておけば大丈夫という目安になります。公立高校ハイレベルでもレベル3(1100語)までになります。つまり、高校入試を終えた段階で、英単語力が800語…1100語…1800語の語彙力があると考えられます。でも、全てが中学生範囲であるため高校の授業では1800語ができている状態に考えます。そのため、公立高校では約1000語のギャップがある中で更に高校生で学習する語彙力が求められます(*ただし、いきなり高校生範囲の語彙力を求めないでしょう)。

これだけ考えても中学内容と高校内容では難易度が上がることがわかります。そして、進学校でない限りは800~1100語程度の語彙力しかなく(*それも完璧ではない)、1000語~700語は不足していることになります。この点を考えると、スタートラインで大きく差があります。進学校であればスムーズに高校生範囲の学習ができますが、準進学校以下では中学生範囲の漏れを復習しながら高校生範囲の学習になります。そのため、学習すべき内容が中学範囲より多くなっています。この点が中学時代まで余裕があった勉強が高校では難しく感感じるのはその理由である。

以上のことから、高校生範囲では中学内容を学んだことが前提で教科書が作成されている。しかし、進学校以外は中学生範囲を網羅することはないので積み残しがある状態である。そこを学びなおすことも大事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。