• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

英語の偏差値を上げるために最初にすべきことは単語を覚えること【高校受験・大学受験】

英語力を身につける秘訣は単語にあり

はじめに

英語が伸びないと悩んでいる中高生の多くは前提である英単語を覚えていない可能性が高いです。それにも関わらず、英文法や精読を必死に勉強しようとしますが、大前提に英単語を覚えることがどれだけ重要かを考えましょう。

英単語を覚えない非効率な勉強

中学生でも高校生でも思うことは英単語を覚えないで英語の学習をしている中高生が多い点です。そのため、英文法の解説をしているはずが英単語がわからないために何の勉強をしているかわからない状態になっています。

そして、『高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800』の単語帳を見ると流石に中学生の単語だけあって簡単に思えるが欄外など詳しく読んでいくと非常に意味がある例文や注釈も多くある。もし、この1冊をしっかりと仕上げることができればかなり力がつくだろう。特に、熟語などは中高生が覚えることが苦手としている内容である。この点をしっかりと覚えることができれば差がつくだろう。さらに、中学生では文型を教えていないこともあり、何が名詞で、何が動詞なのか何も考えずに英文を読んでいることが多い。そのため、英作文や並び替え問題などが非常に苦手なままである。

このことから考えても英単語を早い段階で学習することは重要である。そうすることで、英文法や長文読解時に英文を読むこと自体が苦しくなくなります。

例えば「It is kind of him to help her work.」という文章があり、「It is 形容詞 for 人 to~」という構文を知っていれば英作文・並び替えは簡単にできます。さらに、この基本がわかっていることを前提に人の性質の場合はforの代わりにofを使用することが簡単に理解できます。この様に基本的な英単語・熟語・構文を覚えていないと問題は解けません。更に、第4文型・第5文型を中学生は教えられませんが「give 人 もの」という形で学習します。それなら、第4文型で覚えた方が早いのですが…。

この様に考えると単語を理解することが重要です。単語を覚えれば偏差値10ぐらいは簡単に上がるでしょう。

お名前.com

英単語が重視されない理由

英単語が重視されないと言うより復習が不足している点が問題です。1度英単語を覚えたとしても、時間が経てば忘れます。中学生レベルなら何度も英文法などでも出題されますが高校生範囲では稀にしか登場しません。そのため、英単語の復習を意図的に取り組んでいないと定着することはありません。

例えば、授業での小テストや朝テストなど取り組んでいても真面目に取り組んでいる生徒と取り組まない生徒で差がでてくるでしょう。ただ、試験範囲が短いこともあり復習という観点から弱いでしょう。1週間で100単語をテストしても『英単語ターゲット1900』なら19週間かかります。つまり、4~5か月に1回しか確認テストがないなら意味がないでしょう。「覚えて→忘れて→覚えて→忘れて」を繰り返すだけです。ただ、定期的に単語を確認しなさいと言っても取り組まない生徒自身の問題もあります。そのため、長文読解を通して勉強する癖をつけておけば嫌でも英単語を覚える癖ができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。