• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

観点別評価導入により定期試験を廃止して単元ごとの確認テストをする方向の危険性

定期試験の意義

はじめに

成績につけ方が観点別評価に変わり「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体的に学習に取り組む態度」の三要素が重要になった。そのため、平常点の重要性が高まり定期試験を廃止して単元ごとの確認テストを定期試験代わりにする中高もでてきている。ただ、安易にこの流れに乗ることが危険であることを考えてみたい。

中学校や高校の中には定期試験を廃止して単元ごとの理解度を軸に成績を評価しているケースがある。ただ、この成績をつける方法のメリットがあるのは普段から受験勉強に取り組んでいる学校ではないでしょうか?ただ、勘違いして欲しくないのは定期試験を廃止した方が成績を上がるとは考えていません。単に、中途半端に真面目な生徒がテスト前・テスト期間にテスト対策のみ勉強することで受験レベルの勉強が疎かになる可能性を防げるからです。例えば、定期試験の勉強を本気で取り組むと2週間近く定期試験外の勉強をしなくなる生徒がいます。この様な生徒にとって定期試験がないことはメリットがあるでしょう。

しかし、定期試験を失くすことでデメリットも考えられます。多くの学校ではテスト1週間前にテスト範囲や日程が確定しますが、1週間~10日間で定期試験に向けて計画を立てて勉強する習慣を身につけることができる点です。中間に比べて期末試験は副教材が多いから早めに取り組んでおこうなど、どの科目を優先すべきか、どの科目の点数を上げるべきか、スモールステップとして勉強計画を立てることができます。これが大学受験でも応用ができます。もっとも、数か月間で難関校に合格できると勘違いしている中高生がいますが、定期試験は「受験の9分の1程度の範囲であり、学習する範囲だけから出題されるので簡単に点数とれるよね」というと顔をそむけます。ただ、受験勉強を取り組むための学習の時間軸を築くことができます。

一方で、単元ごとの確認テストの場合は「狭い範囲の内容を理解すればよい」だけになります。そのため、定期試験のように大きな範囲ではない(*それでも2ヵ月弱ぐらいの範囲だが)ため、むしろ一夜漬けになりやすいのではないでしょうか?単元ごとに理解したとしても1週間もすれば忘れています。

そのため、定期試験を廃止して学力向上につながる可能性があるのは、受験勉強を普段から取り組んでいる生徒が多い学校ではないでしょうか

例えば、進路多様校などで学習意欲が高くない生徒が多い場合に単元ごとの確認は成り立ちますか?普段から宿題や小テストを取り組んでいない姿を見ると、たとえ単元ごとにしても取り組まない気がしますが…。もちろん、定期試験をしても勉強しないなら同じかもしれませんが。

お名前.com

観点別評価の問題

そもそも、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体的に学習に取り組む態度」と言いながら、どの様に評価するのでしょうか?評価基準を明確にしているケースもありますが、レポートなど提出点以外に中身を正確に判断することができるでしょうか?例えば、平常点が60点と62点の差を明確にすることができますか?それができるなら共通テストで記述式を実施していたでしょう。定期試験は教員がつくるため、問題作成能力がなければ意図した問題を作成できない可能性があります。

さらに言えば、平常点重視の方向は教員に気に入られるかどうかの問題も多くなります。もちろん、教員は贔屓をするつもりはありません。でも、平常点重視にすると点数の根拠が必要となります。そのため、提出物やレポートなど平常点をつけやすい宿題が増加します。そのため、公平な先生であればあるほど課題が多くなる傾向があります。そもそも、授業態度の良し悪しとは何?全ての内職を見逃さない教員はいるの?微妙なラインの居眠りは?場面緘黙の生徒の発言させるの?人見知りなら点数が少ないの?先生が気に入ることをかけば点数が高いの?この様に平常点の曖昧さがあります。結果、課題が出すのが一番手ごろで公平になってしまいます。

ただし、生徒の状況に関係なく課題漬けにして負担をかけている場合もあります。そもそも、課題の量を教科間で話し合っていることはありません。しかも、大半の課題は作業のための課題になります。ネットを調べれば答えが出る内容を書き写している場合やただ写していくだけの作業が多くあります。確かに、生徒が自主的に調べて知識を深めているケースもありますが、作業により学習意欲を低下させているケースもあります。どちらが良いかはわかりませんが、受験勉強の邪魔をする場合もあります。

結果、授業内で上手く完結させながら学力を伸ばしている授業方法をしているなら観点別評価は成功でしょう。一方で、授業外に負担をかけて評価をつける授業は失敗と言えます。結果、平常点を重視し過ぎると後者になりがちです。

観点別評価と言っても重要なことは生徒の学力を上げることなので、課題が作業になっていないかなど考える必要があります。でも、そもそも課題も生徒毎に変えれば良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。