• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

偏差値40からの成績が伸びたのは本当?偏差値が低い=勉強できないは間違い【受験】

偏差値が低いから勉強ができないではない

はじめに

予備校などの広告や受験関連の書籍の中には偏差値40から難関大学に合格したと大々的に掲載している場合がある。もちろん、事実なのだろうが偏差値40の意味が受験生によって違う。そこを知ることで受験の在り方を考えてみよう。

関連記事:偏差値が低い高校でも偏差値を上げて難関大学に合格はできるための方法【大学受験】

偏差値が低いの誤解

まず、偏差値が低いと言っている高校生がいるが、そもそも偏差値が出る模試を受験している段階で学力は高いと言えます。なぜなら、進路多様校や教育困難校では模試の案内さえない場合や教室の飾りになっているだけのパターンがあります。そのため、高校での偏差値が出ている段階でそれなりの学校に進学していると考えられます。例えば、偏差値40と言われて思いつくのが中学時代であればクラスでも最下位層の学力あと考えていませんか?あるいは、5科目で200点前後の学力と考えていませんか?それらの生徒は模試を受験する機会は滅多にありません。学校で実施している模試は進路マップなどではないでしょか。

そして、受験勉強をしていなければ模試で十分な偏差値がとれません。たとえ、ある程度の進学校に在籍していても受験勉強をしていなければ偏差値40はありえます。例えば、単語帳でも6割覚えていても3割しか覚えていなくても両方が模試では通用しません。結果、受験対策をしていない高校生は偏差値40になってもおかしくありません。

ただし、高校生の中には予備校に通っているや学校で受験レベルの指導がされていると言っている場合があります。ただ、まだ模試を解くレベルに達していなければ偏差値40は当たり前です。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

偏差値40でも大きく違う

同じ偏差値40でも「小中学校で勉強してこなかった受験生」と「小中学校のどちらかで勉強してきた受験生」では学力差は大きく変わります。まず、前者は勉強のやり直しから始める必要があり、勉強の仕方や姿勢など取り組まなくてはいけない内容が多くあります。一方で、後者は勉強をしてなかった時期があるだけで勉強のやり直しを始めれば比較的早く学力が上がります。

この様に考えると、同じ偏差値40から難関大学に合格したとしても前者の方が遥かに難易度が高いといえます。そのため、広告などの具体例は後者のケースが多くなります。

では、前者の受験生は難関大学の合格が難しいのでしょうか?まず、時間的な余裕を考えて欲しいです。もし、難関国公立大学を目指すなら高校1年生の夏ころから勉強をしっかりと取り組んで欲しい。なぜなら、数学ⅠAや英語を高校2年生の夏までにメドをつける必要があるからです。そのため、進路多様校や教育困難校の生徒には国公立大学を目指すより難関私大を目指すようにしています。3科目に学習内容を絞ることで偏差値を急速に上げていきたいからです。実際には、英語と現代文を仕上げながら一気に古文・社会を仕上げます。

一方で、小中学校のどちらかでしっかり勉強してきた受験生は基礎力があります。そのため、前者より時間をかけずに学力を伸ばすことが可能です。ただ、やはり国公立大学であれば物理的に時間が必要なので早めに対応すべきでしょうが…。

この様に、簡単に偏差値40といっても内容が大きく変わります。その生徒にあった勉強方法を実践することで学力を伸ばすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。