• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

教員は本当にブラックな職場で働いているのか?②「仕事量の偏りで楽な環境といえる」

教員のブラックを考える

はじめに

教員の志願者数が減っている。以前は募集をしていないケースもあった教員だが、最近は人手不足になっている。少子化で子どもの数が減り続ける中で、なぜ教員は不足しているのか?なぜブラックな職場かしたのか考えたい。ただし、学校によるので注意はしてください。

関連記事:教員は本当にブラックな職場で働いているのか?①「教員を悩ませる書類作成」

理不尽な仕事量の差

年間休日が数日しかない状態で働いている際に最大の不満は仕事量の差が違うことです。確かに、教員は仕事量が多いことは有名ですが、普通に定時で帰っている先生や休日に部活もない先生もいます。その一方で、休日出勤・サービス残業が当たり前の先生もいます。この理不尽までの仕事量の違いが教員をブラック化しています。ただ、その問題点を考えてみましょう。

例えば、教員によっては生徒指導面でしっかりと指導できない場合があります。そのためクラスが荒れがちな傾向になりやすい教員がいます。ただ、それなら生徒指導面をしっかりと指導すると考えるかもしれません。しかし、現実はトラブルになりそうな生徒(授業妨害の常連、欠席・遅刻数が多い等)などを生徒指導をできる先生が受け持ちます(*正確には押し付ける)。結果、生徒指導面がしっかりできない先生は比較的荒れそうになりクラスの担任になることがあります。学年全体を考えれば、平均的にまとまるので良い様に見えます。ただ、仕事量は明らかに変わってきます。そして、問題となるのは年齢によって収入が決まるため、楽なクラスを担任している先生の方が収入が多い場合があります。この点が教員のモチベーションを下げます。

どの社会でも仕事ができる人に仕事が集中するかもしれませんが、教員の場合は仕事量が収入に比例していない点が気になります。

結果として、仕事を押し付けられる人に仕事が集まります。特に、若い教員の場合は仕事量が飽和することになりバテます。一方で、若手教員でも平気で仕事を断る変わり者は仕事量は増えません。なぜなら、仕事を頼むと面倒やミスが多いために避けるケースがある。結果として、離職するのは真面目な先生ばかりで、癖が強い教員だけが残るケースがあります。そのため、より職場環境が悪化します。

Xserverドメイン

教員の問題点

教員の仕事の難しさは、どれだけ手間暇をかけることができるかです。逆に言えば、定時で仕事が合わるレベルでは手間暇は十分かけられていません。結果として、教員の指導力が伸びない場合もあります。また、高校であればどの高校で勤務するかで変わります。普通校や準進学校レベルなら教員は何もしなくても学校は回ります。実際に、進路指導でさえ満足に担任ができない場合もあります。しかし、進路多様校や教育困難校では一定数、学校に来ない生徒がいます。その対応から生徒指導まで幅広く対応しなくてはいけません。

ただ、定時の考えをもつと現在の学校は求められている量が多すぎます。そのため、今の仕事量で定時で帰るは難しいでしょう。結果、教員の仕事環境を変えるには「何ができて」「何ができないか」をまとめる必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。