• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『行く意味ある? Fラン大学一覧』記事の批判から考える大学の価値を見つける

Fランク大学と一概にまとめられない

はじめに

就職情報サイトが『底辺の職業』というランキングをつくったことで批判がされたが、同じように『行く意味ある? Fラン大学一覧』に対しても批判が集中している。では、これらの記事の批判から本当に大学の価値を考えてみよう。

関連記事:就職情報サイトによる底辺の職業ランキングを問題視する前に中高生が知っておくべき内容を考える

現実問題を考える

まず、Fランク大学の定義ですが、予備校などでの偏差値表で偏差値35未満の大学がFランク(*批判されてBFに変更)されています。そのため、偏差値35未満の大学をFランクといっていますが、そもそもFランク大学とは何でしょうか?

はっきり言って、一部の大学を除けば指定校推薦入試や総合型選抜入試(旧AO入試)でほとんどの定員を満たしている場合があります。結果、1部の大学を除けば難易度に大きな差はありません。例えば、学習障害などで小学生程度の学力しかない高校生であっても中堅私大に指定校推薦入試や総合型選抜入試(旧AO入試)を利用して合格しています。そのため、大学入試は二極化しており「学力を必要とする大学」と「学力を必要としない大学」があります

そして、難関大学出身者であっても必ずしも学力(能力)が高いわけではありません。難関私立大学であっても推薦比率が高くなっていることから大学によっては一般入試での入学者が50%を下回っている場合があります。更に、国公立大学であっても人気低迷(*私立大志望の増加)により以前なら確実に不合格になっていた学力層でも合格している場合があります。そのため、難関大学出身者が必ずしもFランク大学出身者より優れているわけではありません。ただ、反論コメントで「Fランク出身であっても東証1部の企業に入社できたし、同期には東大卒や早慶卒もいるから大学で人生のステータスは決まらない」と書かれていましたが、この反論で東証1部というステータスを主張している様に潜在的にランキングをつくって評価している気がします。

そのため、一概にFランク大学出身だからといって、その人を全て評価することができません。確かに、大企業の代表取締よりも中堅企業のオーナーの方が収入が多い場合や小さな会社の方がマイペースに仕事ができて長続きする場合もあります。大企業では求められるものが大きいこともあり合わない場合があります。

お名前.com

統計的な問題

Fランクといわれる大学の中には面倒見が良い大学もあります。例えば、生徒一人一人に対して丁寧に接する点、授業の休みが続けば電話連絡する点(*家庭訪問している場合もあったらしい)、少人数制で基礎から教えてもらえる点、など大学生とは何か?と考えるかもしれませんが、その様な校風で成長する大学生もいます。一方で、難関大学に関しては良い意味でも悪い意味でも生徒任せになります。そのため、大学4年間で崩れる生徒も多くいます。ただ、統計的なデーターで考える必要があります。

就職活動に関しては大学名で合否判断をされるのはダメと言いますが、大学受験の場合は指定校推薦入試では高校のランキング(合格実績)によって推薦枠が与えらます。そのため、就職活動での学歴差別を批判する割には高校の指定校推薦入試に関しては批判的になっていないのが気になります。そして、一般選抜型入試で進学した生徒からすれば指定校推薦入試や総合型選抜入試(旧AO入試)で進学した生徒に羨ましさはありますが…。

結果、Fランク大学だからといって能力が低いわけではありません。ただ、求めらる人材次第で変わってきます。ただ、メリット・デメリットになる点はしっかりと中高生にも伝えるべきではないでしょうか。ただ、大学は二極化している以上はFランク大学という言い方は古いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。