• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

大学全入時代だからこそ偏差値の高い大学に進学するのも1つの考え

偏差値基準の大学選びは悪いのか?

はじめに

大学全入時代に入る学校を選ばなければ誰もが大学に進学できる環境になっている。そのため、学歴に対する批判や意味がないような意見も見ることがある。極端なことを言えば、大学名など関係ないと言い切る意見もある。でも、本当に偏差値から大学選びをすることは間違っているのでしょうか?今回はそれについて考えてきましょう。

「高学歴=優秀な人材」の勘違い

学歴に対する批判的な意見の中には、有名大学出身だからと言って社会人として成功していないという意見がある。確かに、大学までの勉強がビジネスに直結しないことも多いだろう。しかし、では所謂Fランク出身の大学生が優秀な人材と言えるのでしょうか?答えは”No”でしょう。どの学力層の大学出身者であってもビジネスの世界では優秀な人材もいれば、仕事ができない人材もいます。コミュニケーション力も学歴には関係ない側面があります。でも、まず大学生を採用したのは企業(採用責任者)であり、自らの判断で合否を出した以上は入社後の責任は企業側にあります。そのため、大学名だけで安易に判断して内定を出したなら企業側の責任でしかありません。そもそも、高学歴=全員が優秀な人材と考えること自体は間違っている。ただ、学歴の高い大学に行くための努力自体は評価しても良いのではないでしょうか?

難関大学へ進学する努力を評価

推薦入試が増えたことで学力が不足しているにも関わらずに難関大学に合格している受験生は一定数います。これは、最近の国公立大学でも同様の動きがあり推薦入試の方が一般選抜入試より難易度が低い(学力がない)状態でも合格できる可能性があります。そのため、全員が等しく苦労しているとは言いませんが、ただ難関大学へ進学するための努力は評価すべきではないでしょうか?

例えば、高校3年間(*むしろ後半ですが)、どの様なことをして過ごしてきたかで大きく変わるのではないでしょうか?例えば、アルバイトは社会人経験になると言う人もいますが、大学生でもアルバイト経験はできます。そして、アルバイトと正社員を同じ仕事の質(同じ責任)で考えることは違うでしょう。また、部活動や遊びなど世間でいう高校生らしい生活を過ごすのも大事だと言う人も多くいます。もちろん、これらの経験は重要かもしれませんが、前提として難関大学を目指している高校生だって青春はしています。

では、難関大学を目指して受験勉強をしている受験生のことを考えましょう。「遊びたいこと」「だらけたい」「テレビを見たい」など色々な欲求はあるでしょうが、それを我慢して受験勉強に取り組んでいます。確かに、受験勉強をしていない生徒より自由にできる時間はありません。しかし、合格することを目指して莫大な時間をかけることができています。それも、不運にも僅差で不合格する可能性もある中です。それは非常にプレッシャーの中で勉強を続けています。これは受験生を鍛えます。ただし、挫折を味わうと虚無感に襲われる場合もありますが…。その濃厚な時間を過ごした受験生に対して、適当に受験して合格した高校生では、どちらが魅力的でしょうか?もちろん、人間的の良さは学歴には関係ありませんが、ビジネスにおいても遊びたいこと」「だらけたい」「テレビを見たい」など色々な欲求を抑えて働いています。本当に仕事が楽しいのであれば過労死などおきないでしょう。やはり、どこかで少しは無理をしているケースがあるのが仕事でもあります。

お名前.com

大学全入時代だからこそ偏差値に拘る

よく高校生に進路選択で学びたいことが学べる大学に進学するべきと言っている場合があります。ただ、学びたい学問があるからと言って学べるとは限りません。そもそも、在校生の学力水準が低ければ授業の質は低くなります。

例えば、分数の計算や小数点の計算ができない高校生であっても大学に進学することはできます。また、理系の学部に進学したにも関わらずに数学Ⅲを学習したことがない(*ⅡBもできない)ケースもあります。その様な在校生が多数派の場合に授業内容の質を維持できるでしょうか?

2000年代に、ある大学が中学生範囲の補習をカリキュラムに入れたことで批判されたことがありますが、この大学はかなり良心的と言えるでしょう。なぜなら、自分たちの大学に入学する生徒の学力を把握して何とかしようと努力しているからです。言い換えれば、大学生の学力は本当に危険水準になっているかもしれません。

ただ、大学全入時代だからこそ偏差値を昔より強調するのも大事とも言えます。昭和であれば大学に行くだけでエリート層だったかもしれませんが、今では誰もが大学に行けます。だからと言って、大学に進学する価値がないわけではありません。なぜなら、高校もほぼ全員に近い形で進学しているではないでしょうか。都市圏であれば複数の高校があることから偏差値による序列ができていることは誰もが知っています。そして、高校毎に大学の指定校推薦枠を比べれば一目瞭然ではないでしょうか。偏差値の高い高校の方が有名大学の指定校推薦枠や合格実績があるのは確かです。これは大学にも当てはまるのではないでしょうか?有名大学の方が条件の良い就職先が多いことがわかります。

というより、①就職条件では難関大学の方が良い場合(実績)が多い、②実力主義であるアメリカでさえ学歴社会になっている(中国や韓国はもちろん多くの国で学歴が重要)、この2点を考えて偏差値は関係ないと言い切れるのでしょうか?もちろん、技術職であれば学歴など関係ありません。そして、ビジネスの世界では実力勝負なのも確かです。入社後は、実力が最重要になりますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。