• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『銀の漢字』大学入試必須の最低限の語彙力をつける参考書

漢字は早い段階から取り組む必要がある理由

『銀の漢字』の基本情報

出版社水王舎
価 格660円(税込み)
難易度共通テスト基礎~共通テスト
ページ149ページ

銀の漢字 大学入試 [ 出口汪 ]

価格:660円
(2021/3/8 09:16時点)
感想(4件)

『銀の漢字』について

大学入試に頻出の漢字を精選しており、漢字問題・記述問題の基礎に十分なレベル。例文・意味付きなので、用法まで覚えられる。著者は現代文で有名な出口 汪さんにより編集されている。短期間で必要最低限の漢字を覚えるための参考書である。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

『銀の漢字』の使用時期

『銀の漢字』は高校1年生から使用することができます。対象は、漢字が苦手・現代文読解が苦手な受験生に適した教材になります

『銀の漢字』の活用方法

漢字の勉強に関しては、学校で漢字の参考書を購入している場合は、それを使用しても問題ない。

ただし、繰り返し復習できるかどうかが問題である

漢字の学習も繰り返し学習する必要があるが、語彙力不足の受験生が最初からページ数の多い参考書に取り組むことは効果がない。それより、漢字が苦手・現代文が苦手な受験生にとっては『銀の漢字』を最初に学習する方が良い

はっきり言って、『銀の漢字』は文字が大きくページ数は少ない。そのため、中堅私大程度なら十分であるが、難関大学や共通テスト対策としては物足りたいのも事実である。そのため、受験用の基礎として『銀の漢字』を使用するため早い段階で取り組んでほしい。その後に、『金の漢字』をすれば難関大学対策も完成する。

中学生までと違う大学受験での漢字学習法

漢字は「読み」と「書き」が必要であるが、漢字の意味も覚える必要である。

「読み」は問題として出題されることは稀であるが、同音異義語などで出題されるので漢字が読めないと問題が解けない。また、書きに関しては漢字を学ぶ学習の基本であるため必要であるが、ここまでは中学生までも一緒である。

ただ、高校生で意識する必要があるのは意味が解っているかどうかである

漢字の意味は評論を読むために必要な知識であるため、早い段階から漢字に取り組む方が良い理由が、ここにある。学校によっては評論用語集を購入させている場合もあるが、これに取り組む時間があるなら別の勉強をした方が良い。なぜなら、『銀の漢字』程度の内容の漢字を早い段階で固めれば、評論文を多く読める。実践を通して、評論用語を覚えていく方が効果的である。

 

『銀の漢字』まとめ

漢字検定は受験する意味がある?

難関大学であれば、漢字検定2級を持っていても受験で活用できる場面はない。もちろん、2級を合格しておけば大学受験の漢字は圧倒的有利になる。ただし、漢検は漢字を覚えるを優先しているため、評論文から漢字を覚えるわけではない。そのため、『銀の漢字』を優先して学習していけば受験に必要な語彙力を増やすことに直結する。ただし、繰り返し学習することを忘れないこと。

大学受験の参考書を評価(国語)『金の漢字』で入試対策は万全 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。