• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『澤井康佑の英文読解教室』 長文読解の基礎をつくるための参考書

英文読解に必要な語彙力・文法力はあれば効果的に学習できる

超基礎と書いているが、ある程度の知識は必要

『澤井康佑の英文読解教室』の基本情報

出版社旺文社
価 格1,100円(税込み)
難易度共通テスト
ページ240ページ

『澤井康佑の英文読解教室』について

参考書に超基礎がつけられているため、初歩的な学力で理解できると思わないで欲しい。必要最低限の語彙力と文法力があった方が解説が理解しやすい。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

『澤井康佑の英文読解教室』の取り組み時期

中堅私立大学や共通テストの英文が読める時期に『澤井康佑の英文読解教室』を使うとわかりやすい。語彙力で言えば、『データーベース3000』がある程度覚えた状態であれば十分である。

 

『澤井康佑の英文読解教室』の取り組み方

この教材を使用したのは長文読解で行き詰った受験生に対して、もう1度精読の知識を見直すために使用した。

出典:旺文社HP

本書は短い文章に対して和訳を求めており、やや難しい英単語には日本語が書かれている。そのため、英語の学力が低い受験生でも文章を読むことができるが、問題は一人で取り組めるかである。

解説は丁寧に書かれており、詳しく英文読解のポイントを説明してくれているが、英語が苦手な受験生にとっては情報量が多い。一方で、ある程度学力が高い受験生は簡単に読める分だけ解説を丁寧に読まない可能性がある。

そのため、ただ読むだけでは参考書の効果を発揮することはできない。

 

『澤井康佑の英文読解教室』と長文読解を並行して取り組むことが効果的である

長文読解ができない受験生にとって、読解のルールを細かく教えても活用しきれない場合が多い。そのため、普段から長文読解と並行して『澤井康佑の英文読解教室』を取り組んだ方が良い

本書は、短文で構成されているため時間的な負担は少ない上に、基本的な読解のルールを教えているため、実際に長文読解から復習する方が効果的である。そのため、長文読解の本を学習してから長文演習ではなく、並行して取り組むことの方がよい。

『澤井康佑の英文読解教室』で意識すること

文型を意識しながら、主語・動詞・目的語をしっかりと把握するようにしよう。特に難関大学になれば、andやorの判断が重要になったり、関係代名詞の省略などが重要になるなど基本的なルールを身につけることを意識しよう。

この様な教材は1度読んで終わりにする受験生が多いが、知識が定着するまで繰り返し学習するようにしよう。そのため、本書だけをしていても学力は伸びないが、長文読解を並行すれば相乗効果で伸びていく。

また、共通テスト以上の難易度の入試問題で読解ができなくなった場合は1度基本に戻る意味でも取り組んでも良い。

実際の『澤井康佑の英文読解教室』を使った指導例

中途半端な時間を利用して英文解釈を進めるのに使用

指導していると中途半端に10分程度余ってしまう場合がある。その場合に『澤井康佑の英文読解教室』を使用して1つづつポイントを押さえて学習させた。

本文の内容は家で復習すればよいので、まず何を重点的に見ないかを教員が説明して、家で本文を読ませることで復習をした。

学力的には共通テストの問題演習を始めたあたりに使用する。

英文解釈を見直す意味で使用

共通テスト程度の問題はできるが、GMARCHや関関同立レベルの問題になった場合に内容を理解できなくなる受験生がでてくる。そのため、日常的に難易度の高い問題演習をさせた後にセットで『澤井康佑の英文読解教室』を使用して、応用と基礎の反復演習に使用した。

この様に、難しく考えすぎた頭をリセットして基本に立ち返らせるときに使用した。上述のように、1つのテーマぐらいなら10分程度でポイントを解説できるため負担なく教材として活用できる。

まとめ

上述のように、『澤井康佑の英文読解教室』をメインの教材として使用していないが、+αの教材として使用した場合は使い勝手が良い。ただ、通常は私自身が英文解釈のポイントを教えながら長文読解をさせているため、参考書で受験をしている場合は、少し早めに取り組んでも良いかもしれない。

重要なのは、反復復習しながら長文読解で実力を養う(記憶を定着する)ことである

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。