• 受験に必要な知識や参考書の評価を公開

『レベル別英語長文4』共通テスト対策の英語長文参考書

共通テストから日東駒専・産近甲龍対策までの英語長文

『英語長文レベル別問題集 4中級編』の基本情報

出版社東進ブックス
価 格本体900円+税
難易度共通テストレベル
ページ数153ページ

共通テスト~日東駒専・産近甲龍までの英文読解対策ができる問題集になります。 『データーベース3000(DateBase3000』程度の語彙力だけでなく、『英単語ターゲット1900』を学習しているレベルである必要がある。

大学入試の問題難易度表(参考書との比較)

失敗せず大学受験に効果的な英単語帳を選ぶ 

 

 

『英語長文レベル別問題集 4中級編』の効果的な学習方法

共通テストレベルの問題に取り組むために知っておくべき内容

『英語長文レベル別問題集 4中級編』は本文の内容の難易度が高くなり、語彙力だけでなく文章自体が堅い内容が増えている(*大学入試レベルの評論文に近づいた問題)。そのため、ワンランク下の『英語長文レベル別問題集 3標準編』nの次に取り組む内容の問題集ではない。共通テストの大問Ⅴ・大問Ⅵに対応するための問題集と位置づけよう。

 

文型を確認しながら、パラグラフを意識する

長文読解を始めた頃から文型を意識していれば、本書を取り扱いう時期には、ほぼ完成した状態になっている。ただ、まだ完成していない場合は文型が正しいかを確認しながら読解して欲しい。

文型と並行して意識しなくてはいけないのが、パラグラフを読み解く力である。簡単な英文であれば、ストーリーの展開が少ないが、本書レベルの問題集からストーリーが展開されることが増えてくる。そのため、パラグラフリーディングを今まで以上に意識する必要がある。

指導中によくやるのが、全訳が終わった後に「結局は何の話をしていたのか?」と聞いた際に、日本語で要約できるかどうかがパラグラフを読めてるかどうかの判断になります。

 

語彙力不足が痛感できる問題集

これまでの問題集では、正直語彙力が不足している状態でも文章が読めることが多く大意をつかみやすい内容のため単語学習を甘く見る傾向が強い。そのため、本書を読んだ際に読解が全くできない場合があります。そこで、英単語学習をやり直せる受験生は学力が伸びる傾向にあるが、やり直さない受験生にとっては、このレベルの問題集の壁を越えられなくなります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。